学習法 | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

学習法
  • ブログ学習法 2021年5月15日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************************************

     

    英語を勉強していて成果が見えないときには、

    いったん立ち止まって考えてほしいことがあります。

     

    それは、「自分の逃げてきたことは何か?」ということです。

     

    これはボク自身の経験からもそうですし、講師としてたくさんの英語学習者を見てきた経験からも断言できますが、実は勉強している本人が、自分がやるべきことが何かをすでにわかっているケースは意外に多くあります。

     

    でも、それと向き合うことができていないんです。

     

     

    「単語の勉強をしなければいけない」

    「実は中学レベルの文法が理解できていない」

    「発音の練習を怠っている」

    「実は英語を話す勇気がない」

    「リスニングの対策が面倒」

     

     

    自分に足りないものはわかっているけど、「やりたくない」「気が進まない」から、別のことを勉強します。

    真剣な人ほど、勉強をしていないと不安になります。

    とにかく勉強さえしていれば、「自分は勉強しているのだ」と自覚でき、少しは精神の安定剤になります。

     

    しかし、あなたが勉強しているのはそれほど自分が苦にならないことだったりします。

     

    すでにできることを何度やってもそれ以上の成長はありません。

    英語力を伸ばすためには、まだ自分ができないことをやるしかないんです。

    まだできないことというのは、大抵の場合、「あなたが逃げてきたこと」です。

     

    これまでに、

    「難しそうだから」とか

    「学生時代からこの単元は苦手だったから」とか

    「発音をバカにされて自信がなくなった…」とか

     

    そうやって逃げてきたところを解決していかない限り、成長はありません。

     

    それらと向き合うことは精神的苦痛を感じることもあるかもしれませんが、

    解決してこなかったことを解決していけば英語力は伸びていくものです。

     

     

    今日も応援しています!

    英語学習がんばってください:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    51
    東京日本橋英語 苦手英語学習
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ学習法 2021年4月21日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    *****************************************************************************************

     

    英語の勉強を始めても、モチベーションが維持できないことってあると思います。

     

    仕事柄、ボクは「どうすればやる気を継続できますか?」といった類の質問をよく受けます。

     

    最初はどんなにやる気があっても、一時的にやる気が低下することはよくあることです。

    どの程度低下するかにもよりますが、「英語ができるようになりたい」というあなたの思いが本当なら、モチベーションが下がっていてもなんだかんだ続けているはずです。

     

     

    しかし、モチベーションが低下して、それで続かなくなる人もいます。

     

    あえて厳しいことを言うなら、英語の勉強が続かない時点で、そもそもあなたは英語ができるようになりたいと思っていないのです!

     

    憧れはあるかもしれません。

     

    でも所詮その程度だということです。

     

    できるようになれるなら、そうなりたいけど、そこまで努力する気にもなれない…

     

    そのくらいの思いしかないということです。

     

     

    でも、実はそんな思いが弱い人でも、その思いを強烈に刺激できる方法があります!

     

     

    その方法というのが…

     

    実際に“英語で苦労する、恥をかく、失敗する”

     

    です!

     

    ただし1回や2回ではダメです!

    期間が空きすぎるのもよくありません!

     

    短期間の間に何度も英語で困ることを経験することで、「本気度」が上がってくるんです!

     

    今はコロナ禍で気軽に海外に行けるような状況ではないですが、オンラインでもいいですし、洋画や海外ドラマでもいいです。

    英語で困る経験を短期間に何度もしてみることです!

     

     

    もちろん、この状況が落ち着いていつもの日常に戻ったときに、英語圏に実際に行ってみるのもいいです。

    ただし、あなた一人で行ってください!

    頼れる人が誰もいない状況でこそ意味があります。

    たとえ英語が話せない人同士であっても、複数人では「誰かがいっしょだから」という甘えが少なからず出てしまいます。

     

    英語のモチベーションを上げるのは、「憧れ」よりも「苦労」「恥」「失敗」のような一見マイナスに思える要因だったりするものです。

     

    あなたは英語を「憧れ」で終わらせますか?

    それとも使えるようになってみますか?

     

     

    今日も応援しています!

    英語学習がんばってくださいね:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    1532
    東京 神田 日本橋英会話英語
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ学習法 2020年7月1日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    あなたは“英語の発音”について学んでみたいと思ったことはありますか?

    カッコイイ発音で話してみたいと思ったことがある人はきっと多いはず!

    でもなかなか学ぶ機会がないのも事実。

     

    そこで今回は発音のレッスンの様子をお届けします。

    手っ取り早くある程度の発音の仕方やルールを身につけたいという方にオススメです!

     

    ▶アルファベットの発音

    音から言語を習得できる子どもは別として、大人はアルファベットの発音の仕方を知識としてインプットし、それを意識して詩文でも発音することでリスニング力がアップします。

     

     

    ▶発音記号

    [ l ] [ r ] [ w ]の発音について解説しています。

    特にボクたち日本人が意識しておいた方がよいものだけをピックアップしました。

     

     

    ▶母音の2つの読み方

    母音には「長母音」「短母音」という2種類の発音の仕方があります。

    この長母音と短母音のルールはちょっとしたコツをつかめばすぐに理解できます。

    さらに単語の発音の仕方もわかるようになります。

     

     

    今日も応援してますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    “How are you?”は使わないのか?

    I’m fineじゃダメなの?

    講演会@甲南大学ネットワークキャンパス東京

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    6542
    アルファベット発音学習発音記号
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ学習法 2020年5月9日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

     

    「英語圏の国に留学をすれば、英語が話せるようになる」

     

    そう思っている人も多いのではないでしょうか。

     

     

    ボクはアメリカに2度留学した経験があります。

     

    その話をすると、

     

    「だから英語が話せるんですね」

    「それは英語できるようになりますよね」

     

    などと言われることがあります。

     

    まるで「留学をしていたから、何の努力をしなくても英語が話せるようになったんだね」と言われているようで、ときどきやるせなくなります…

     

     

     

    留学をしても外国語ができるようになるわけではありません!

     

    確かに外国に留学すれば、その国の言語に触れる機会は圧倒的に増えます。

     

    フランスに行けば、フランス語に毎日さらされ、

    コスタリカに行けば、スペイン語だらけ。

     

     

    言語を耳から習得することが可能な年齢であれば、その言語をシャワーのように浴びることで、割と自然に言語を習得することは可能です。

     

     

    ただボクが初めて留学したのは高校2年生のとき。

    もうすでに言語を自然習得できる年齢ではありませんでした。

     

    ではどうやって外国語を習得したのか…

     

     

     

    勉強です。

     

     

     

     

    英語圏の国に留学経験がなくても、英語ができるようになる人はたくさんいます。

    逆に英語圏の国に何年も住んでいるのに、いつまで経っても英語ができない人が大勢いるのも事実です。

     

     

    ときどき「留学経験ゼロでもTOEIC〇〇〇点」のような謳い文句を見ることがあります。

    確かにインパクトがあるし、日本人にはウケると思います。

     

    しかし、留学経験と英語力には直接的な関係はありません

    留学経験がなくても英語の資格試験などで優秀な成績を収められるのは当然です。

     

     

    この「留学経験ゼロでも…」という言葉が日本人にウケるという事実こそ、

    日本人が「留学すれば英語ができるようになる」という“幻想”を抱いている証拠だと思います。

     

     

     

    もう一度言いますが、留学と外国語習得に直接的な関係はありません。

    日本にいようが、留学先にいようが、自分のいる環境を活かしてとにかく勉強すること。

     

    「宿題をがんばる前髪パッツンの女の子」の写真[モデル:ゆうき]

     

    「どうすれば楽に英語を身につけられるのか」なんて考えている暇があるなら、とにかく思いついたことから始める!

     

    勉強しなければ英語は身につきませんよ!

     

     

    今日も応援してますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    “How are you?”は使わないのか?

    I’m fineじゃダメなの?

    アメリカの高校卒業を決断した日

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    184
    勉強留学経験なし留学経験ゼロ
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ学習法 2020年3月30日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    前回のブログで、“How are you?”は本当にあまり使われないのか、についてお話ししました。

     

    今回は、“How are you?”に対する返し方についてお話ししたいと思います。

     

     

     

    >>>I’m fineじゃダメなのか?

    日本の学校で教わるHow are you?に対する最も一般的な返答は、I’m fineですよね。

    How are you?と聞かれたら、I’m fineと答えるとボクも学校で習いました。

     

    でも最近、ネイティブスピーカーや帰国子女、英語の先生の中にもI’m fineという返し方はあまりしないと言っている方が増えてきている気がします。

     

     

    実際のところI’m fineは本当にあまり使われていないのでしょうか?

     

     

    結論から言うと、

     

    I’m fineは非常によく使われます!

     

     

    例えば、ボクがアメリカの高校に留学していた頃からずっと仲のいいアメリカ人の友人がいます。

    彼と話すときにボクがHow are you?と聞くと、必ずI’m fineと返してきます。

     

     

    また今年に入って、ある企業の語学研修を、日本に来たばかりのアメリカ人講師と二人で担当することになりました。

    研修の前に顔を合わせる度に挨拶をしますが、彼もいつもI’m fineと返してくれます。

     

     

     

    >>>自分の返し方を決めておく

    ボク自身は、How are you?と聞かれたら、I’m good. How are you?と返します。

    留学していた頃からよく使っていたので、ほぼ反射的に出てくるようになっています。

     

    英語のネイティブスピーカーではないボクたち日本人は、ネイティブスピーカーのように返し方のバリエーションをたくさん持つ必要はありません。

    自分なりのお決まりの返し方を持っておけば十分です。

     

    もちろん余裕があればさまざまな返し方をするのはいいことだと思いますが、ネイティブスピーカーや帰国子女に「こんな返し方もある」「こんな風に返す方が自然だ」などと言われると、たかが挨拶でハードルが上がり過ぎてしまいます。

     

    英語でコミュニケーションを取るのに、そんなに難しく考える必要なんてありません。

     

     

    最後にいくつか返答の仕方を紹介しておきますので、お好きなものを自分のお決まりの返し方として使ってみてください。

     

    I’m fine.

    「元気ですよ」

     

    I’m good.

    「元気ですよ」        

     

    I’m great.

    「とても元気ですよ」

     

    Not bad.

    「まあまあだよ」

     

     

     

    今日も応援してますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    講演会@甲南大学ネットワークキャンパス東京

    “How are you?”は使わないのか?

    ネイティブ信仰はもうやめよう!

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    81
    プライベートレッスン神田 新日本橋 三越前 大手町英会話フレーズ
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!