英文法・英語構文 | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール

英文法・英語構文
  • ブログ英文法・英語構文 2024年3月22日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校の谷口翔太です。

     

    前回のブログでは、makeの意味を文型を使って整理してみました。

     

    今回も意味がたくさんある動詞を文型で整理したいと思います。

    今回扱うのはleaveです。

    makeは5つの文型をとれましたが、leaveは4つの文型をとれます。

    makeより1つ少ないですが、それでも4つも意味を覚えるのは大変・・・

     

    でも大丈夫です!

    文型が解決してくれますよ。

     

    早速見ていきましょう。

     

    文型の使い方については、こちらの動画もご参考ください。

     

     

     

    ▶ leaveの意味① 「向かう」

    第1文型SVのとき、動詞は“進行”の意味になります。

    leaveもSVの文型をとれるので、“進行”の意味があります。

    そのときには、「行く」「向かう」と訳しましょう。

     

    I left ( for Fukuoka ).
    S  V

    「私は福岡に向かいました」

     

    for Fukuokaは【前置詞+名詞】のカタマリで、

    文型にはカウントされません。

     

     

    ▶ leaveの意味② 「~を去る」

    第3文型SVOのとき、動詞の意味は特定できません。

    SVOのときだけは単語力の勝負です。

     

    でもleaveの意味と言えば、「去る」が出てくる人は多いはず。

    この意味はSVOのときの意味なんですね。

     

    I left Fukuoka.
    S  V         O

    「私は福岡を出発しました」

     

     

    ▶ leaveの意味③ 「~を与える」

    第4文型SVOOでは、動詞は“与える”の意味になります。

    leaveもSVOOの文型をとるときは「与える」と訳します。

     

    I left him a message.
    S  V      O            O

    「私は彼にメッセージを与えました」

     

    意訳すると、「私は彼に伝言を残しました」ということです。

     

     

    ▶ leaveの意味④ 「~のままにする」

    第5文型SVOCは、因果関係を示す文型です。

    【Sが原因で、結果OはCになる】という関係が成立するんです。

     

    SVOCのときは、多少不自然な訳になっても、

    因果関係を意識できたほうがネイティブの感覚がわかっていいですよ。

     

    I left the door open.
    S  V         O               C

    「私によって、そのドアは開いたままになりました」

     

    I「私」が原因で、結果the door「そのドア」はopen「開いた」状態だったんです。

    意訳すると、「私は、そのドアを開けっ放しにしました」

     

     

    4つの文型をとるleaveは、当然4つ意味があるということ。

    ちゃんと整理しておいてください。

     

    応援しています!

    英語学習がんばってください:)

    東京 神田 日本橋英会話英文法
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法・英語構文 2024年3月15日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校の谷口翔太です。

     

    英語の動詞には、いくつも意味があるものがあって、

    覚えるのが大変ですね。

     

    そんな複数の意味を持つ動詞も、

    実は文型の力を使えば意外と楽に整理できてしまいます。

     

    今回はmakeの主要な意味を文型で一気に整理していきましょう。

     

    文型の使い方については、こちらの動画もご参考ください。

     

     

     

    ▶ makeの意味① 「向かう」

    第1文型SVのとき、動詞は“進行”の意味になります。

    makeもSVの文型をとれるので、“進行”の意味があります。

    そのときには、「行く」「向かう」と訳しましょう。

     

    She made ( for the south ).
      S        V

    「彼女は南に向かいました」

     

    後半のfor the southは【前置詞+名詞】のカタマリです。

    【前置詞+名詞】のカタマリは文型にはカウントされません。

     

     

    ▶ makeの意味② 「~になる」

    第2文型SVCでは、動詞は“イコール”の意味になります。

    makeはSVCの文型をとれるので、“イコール”の意味があります。

    この場合は、「~になる」と訳します。

     

    She made a good mother.
       S        V               C

    「彼女はいい母親になりました」

     

    She=a good motherの関係です。

     

     

    ▶ makeの意味③ 「~を作る」

    第3文型SVOのとき、動詞の意味は特定できません。

    つまりSVOのときには、単語力の勝負となるわけです。

    でも安心してください。

    多くの人がよく知っている意味です。

     

    恐らくほとんどの人は、makeの意味を「作る」と覚えていると思います。

    これはSVOのときの意味なんですね。

     

    She made lunch.
       S        V           O

    「彼女はランチを作りました」

     

     

    ▶ makeの意味④ 「~を与える」

    第4文型SVOOでは、動詞は“与える”の意味になります。

    makeも例外ではなく、SVOOの文型をとるときは「与える」と訳します。

     

    She made her son lunch.
       S       V            O            O

    「彼女は息子にランチを与えました」

     

     

    ▶ makeの意味⑤ 「~させる」

    第5文型SVOCは、因果関係を示すときに使われる文型です。

    【Sが原因で、結果OはCになる】という関係ができます。

     

    学校でmakeのSVOCを習うときには、「OをCにさせる」と習いますが、

    これでは100%のニュアンスをつかんだことにはなりません。

     

    SVOCのときは、多少不自然な訳になっても、

    因果関係を意識できたほうがネイティブの感覚がわかっていいですよ。

     

    She made her son a doctor.
       S        V             O               C

    「彼女によって、息子は医者になりました」

     

    She「彼女」が原因で、結果her son「息子」はa doctor「医者」になったんです。

    この原因と結果の関係がSVOCです。

     

     

    いかがでしたか。

    辞書を見るとたくさん意味が出てくるmakeですが、それはmakeが1~5文型まで、5つの文型をとれるからなんです。

     

     

    文型の本当の使い方を知り、英語学習を効率的に進めましょう。

     

     

    応援しています!

    英語学習がんばってください:)

    東京 神田 日本橋英会話英文法
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法・英語構文 2024年1月22日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校の谷口翔太です。

     

    僕は、英語を話せるようになりたいという人に必ず練習してもらうことがあります。

    それが英作文です。

     

    英作文にはいくつか細かい段階があります。

     

    その最初の段階としてやってもらうのが、「和文英訳」の練習です。

    予め与えられている日本語の文を、英語に直す練習のことです。

     

    今回は、英語学習者がよく間違ってしまう「和文英訳」にチャレンジしてみましょう。

     

    ▶ visitは他動詞

    次の日本語の文を英語に直してみましょう。

     

    「昨年彼は京都を訪れました」

     

    簡単そうに見えますが、僕の経験上、多くの学習者が間違うポイントがあります。

     

    実際、多くの人が書いてしまうのがこれ↓

     

    × He visited to Kyoto last year.

     

    めちゃくちゃ惜しいんですが、残念ながら少し違うんですね。

     

    正しくはこうなります。

     

    〇 He visited Kyoto last year.

     

    つまり、toがいらないんですね。

     

    visitという動詞は他動詞という動詞で、後ろに前置詞は必要ありません。

    とにかく【visit + 名詞】というカタチを覚えておいてください。

     

    例をいくつか挙げておきますね。

     

    I visit my grandparents every month.

    「私は毎月祖父母のところを訪れます」

     

    For more details, visit our website.

    「詳しい情報を見たい方は、当社のウェブサイトをご覧ください」

     

     

    ▶ おまけ情報

    「~を訪れる」という意味の英文を作るときに、

    おそらくgo toがチラつくんだと思います。

     

    だからvisitにも同じようにtoをつけてしまう人が多いのかもしれません。

     

    ちなみにvisitには名詞もあり、「訪問」という意味です。

    「~への訪問」はvisit to ~になります。

     

     

    応援しています!

    英語学習がんばってください:)

    英語教室 日本橋英語教室 東京駅近く英語教室 神田
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法・英語構文 2023年11月16日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校谷口翔太です。

     

    *****************************************************************

    X始めました!

    英語学習に役立つことや気づきなどをポストしていきます。

    お気軽にフォローしてください。

     

    https://twitter.com/IamShotaT

    *****************************************************************

     

    英文法には関係詞という広大な範囲の単元があります。

     

    中でも有名なのは関係代名詞ではないでしょうか。

     

    関係代名詞という名前は有名ですが、

    これはあくまで関係詞という広大な単元の一部です。

     

    今回のブログでは、これまでYouTubeで発信してきた関係詞の動画をまとめてみました。

     

    順番に見ていけば関係詞が理解できるようになっていますので、

    毎日1動画ずつでもご覧いただき、

    少しずつ関係詞の理解を深めていただければと思います。

     

     

    1.関係詞の全体像&主格の関係代名詞

     

    2.所有格の関係代名詞

     

    3.目的格の関係代名詞

     

    4.関係副詞

     

    5.前置詞+関係代名詞

     

    6.関係代名詞と関係副詞の違い

     

    7.関係代名詞thatの注意点

     

    8.関係代名詞what

     

    9.関係詞の非制限用法

     

    10.複合関係詞(-ever)

     

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

    千代田区 中央区 英語大人 英語 教室関係詞
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法・英語構文 2023年9月20日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校谷口翔太です。

     

    ***************************************************

    X(旧ツイッター)始めました!

    英語学習に役立つことや気づきなどをツイートしていきます。

    お気軽にフォローしてください。

     

    https://twitter.com/IamShotaT

    ***************************************************

     

    英文を読んでいると、接続詞の後ろにあるはずの主語と動詞がない文に出会うことがあります。

    接続詞when, while, ifなどの直後が、Ving(現在分詞)やVpp(過去分詞)になっていたり、

    前置詞+名詞のカタチになっていることがあるんですね。

     

    構文を意識し始める中級者くらいになると、このカタチに違和感を覚えると思います。

     

    一体、何が起こっているんでしょうか?

    英会話でも使う表現ですので、今回はそんな接続詞の直後の省略について解説していきたいと思います。

     

     

    ▶ 省略の条件

     

    まずは省略の条件を覚えましょう。

     

    1.主節(メインの文)の主語と従属節(サブの文)の主語が同じ

    2.従属節の動詞がbe動詞

     

    この2つの条件がそろったときに、接続詞の後ろの主語とbe動詞は省略ができるんです。

     

    ちなみに従属節というのが接続詞がついている文のことで、

    大きな副詞のカタマリをつくることから、副詞節と呼ばれたりもします。

     

    それでは早速例文を確認してみましょう。

     

    While I was listening to music, I fell asleep.

    「音楽を聴いている間に、眠ってしまいました」

     

    この英文の主節、つまりメインの文はI fell asleepで、

    従属節、つまりサブの文は接続詞WhileのついているWhile I was listening to musicです。

     

    メインの文もサブの文も、主語は同じIですね。

    1つ目の条件は満たしました。

     

    さらにサブの文にはbe動詞の過去形wasがありますから、

    2つ目の条件も満たしたことになります。

     

    これで接続詞の後ろの主語とbe動詞を省略して、

     

    While listening to music, I fell asleep.

     

    とすることができます。

     

    省略してもしなくても、意味は同じです。

     

     

    ▶ 省略を補ってみる

     

    今度は逆に省略を補ってみましょう。

     

    次の英文を見てください。

     

    Cold chicken is delicious when eaten with salad.

    「サラダと一緒に食べると、冷たいチキンはおいしいです」

     

    このかつてセンター試験で出題された問題です。

    今はセンター試験ではなく、大学入試共通テストになりましたね。

     

    それでは話を戻して、この英文で省略されているものを補ってみましょう。

     

    英文のメインの文はCold chicken is deliciousで、

    サブの文は接続詞のついているwhen eaten with saladです。

     

    接続詞whenの後ろにいきなりeatenという過去分詞がきているので、

    主語とbe動詞が省略されているのがわかります。

     

    省略されているということは、先ほどの2つの条件を満たしているということですよね。

    であれば、whenの後ろの主語はメインの文の主語Cold chickenと同じだったはずですし、

    使われている動詞はbe動詞だったはずです。

     

    実際に省略を補ってみると、

     

    Cold chicken is delicious when cold chicken is eaten with salad.

     

    になります。

     

    2回目のcold chickenはくどくなるので、代名詞itに直して次のようにするといいでしょう。

     

    Cold chicken is delicious when it is eaten with salad.

     

    日本語では「サラダと一緒に食べると」になり、能動な感じになりますが、

    whenの後ろがeatenになっていたのは、

    冷たいチキンは食べられる側なので、受け身のis eatenというカタチだったということも確認できますね。

     

    いかがでしたか?

     

    決して難しいルールではないので、ぜひ覚えて使いこなしてくださいね!

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

    東京日本橋 英語神田 日本橋 大手町 三越前英語 大人 教室
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

人気記事

  • カテゴリー

  • 人気記事