ブログ | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

2020.07
  • ブログ 2020年7月7日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    助動詞と言えば、will、can、may、must、shouldなどが思い浮かぶかと思いますが、助動詞には実にさまざまな表現があります。

    今回は、日常会話でよく使われるものから、入試問題や資格試験で登場するものまで、いろんな助動詞の表現を見ていくことにしましょう。

     

    be going to V 「Vするつもりだ」

    They are going to visit their uncle this evening.

    「彼らは今晩おじを訪ねるつもりだ。」

     

    be動詞を過去形にすれば、「Vするつもりだった」と過去の意味になります。

     

    be able to V 「Vできる」

    He is able to give a presentation by himself.

    「彼はひとりでプレゼンできる。」

     

    be動詞を過去形にすれば、「Vできた」と過去の意味になります。

     

    have to V 「Vしなければならない」

    I have to pick up my friend at the station.

    「私は駅に友人を迎えに行かなければならない。」

     

    haveを過去形にしてhad toとすると「Vしなければならなかった」となります。

     

    ought to V 「Vすべきだ・~のはずだ」

    We ought to finish the report by noon.

    「私たちは報告書を正午までに仕上げるべきだ。」

     

    助動詞shouldと同じ意味ですが、こちらの方がやや堅い表現。

     

    used to V 「よくVしたものだ・かつて~だった」

    My brother and I used to watch the show all the time.

    「私の弟と私はよくそのテレビ番組を見ていた。」

     

    過去の習慣的な動作や状態を表すときに使います。

    この表現は現在との対比が起きるときに使うので、「かつては~だったが、今はちがう」というニュアンスになります。

     

    had better V 「Vしたほうがよい」

    You had better hurry.       

    「あなたは急いだほうがよい。」

     

    否定文はhad better not Vとなります。

    notの位置を間違いやすいので要注意。

     

    would rather V 「むしろVしたい」

    I would rather stay home.      

    「私はむしろ家にいたい。」

     

    否定文はwould rather not Vとなり、こちらもnotの位置に注意しましょう。

     

     

    今日も応援してます!

    英語学習がんばってください:)

     

    英文法解説シリーズ『助動詞(1)』

    英文法解説シリーズ『助動詞(2)』

    英語の発音について学んでみよう!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    3831
  • ブログ 2020年7月1日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    あなたは“英語の発音”について学んでみたいと思ったことはありますか?

    カッコイイ発音で話してみたいと思ったことがある人はきっと多いはず!

    でもなかなか学ぶ機会がないのも事実。

     

    そこで今回は発音のレッスンの様子をお届けします。

    手っ取り早くある程度の発音の仕方やルールを身につけたいという方にオススメです!

     

    ▶アルファベットの発音

    音から言語を習得できる子どもは別として、大人はアルファベットの発音の仕方を知識としてインプットし、それを意識して詩文でも発音することでリスニング力がアップします。

     

     

    ▶発音記号

    [ l ] [ r ] [ w ]の発音について解説しています。

    特にボクたち日本人が意識しておいた方がよいものだけをピックアップしました。

     

     

    ▶母音の2つの読み方

    母音には「長母音」「短母音」という2種類の発音の仕方があります。

    この長母音と短母音のルールはちょっとしたコツをつかめばすぐに理解できます。

    さらに単語の発音の仕方もわかるようになります。

     

     

    今日も応援してますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    “How are you?”は使わないのか?

    I’m fineじゃダメなの?

    講演会@甲南大学ネットワークキャンパス東京

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    3631