時制 | 現在形 | 解説 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

  • ブログ 2018年11月20日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    英語の時制に“現在形”というものがあります。

    名前からすると「現在」のことを言うときに使われそうですが、実はそうではありません。

     

    John takes a bus to work.

    「ジョンはバスで通勤する。」

     

    この英文の動詞takesは“現在形”です。

    ではこれは「現在」のことを言っているのでしょうか?

     

    この英文が伝えたいメッセージというのは、「ジョンはいつもバスに乗って通勤してるんだ」ということです。

    先週も、3日前も、昨日も、今日も、明日も、明後日も、来月も、バスで通勤するっていうことを伝えているんですね。

     

    つまり“現在形”というのは(一定期間)常に~する”というニュアンスになるんです。

     

    では、このことを踏まえて一般的な参考書に書かれている内容を見てみましょう。

    本質を理解するだけで見える世界が変わるはずですよ。

     

    1.現在の状態

    I am thirty years old. 

    「私は30歳だ。」

     

    一定期間、ここでは1年間常に30歳ということです。

    1年の間、年齢は常に同じですよね。

     

     

    2.現在の習慣的動作

    He gets up at six.

    「彼は6時に起きる。」

     

    彼は常に6時に起きているということを表します。

    習慣というのは一定期間常に変わらないものですよね。

     

     

    3.不変の真理

    The sun rises in the east.

    「太陽は東から昇る。」

     

    太陽が東から昇るのは常に変わらないですよね。

    先ほどの2つの英文と比べるとスケールはかなり大きくなりました。

    このようにスケールが大きくなったものを不変の真理と呼ぶだけなんです。

     

     

    4.確定した未来の予定

    The spring camp starts next week.

    「春のキャンプは来週始まる。」

     

    例えば、プロ野球のキャンプだと設定しましょう。

    キャンプが始まるのが毎年2月上旬。

    ということはその前の週にこのフレーズを言えるわけです。

    なぜなら毎年キャンプが2月に始まるのは常に変わらないからです。

     

     

    いかがですか?

    このように参考書にはさまざまな説明が載っていますが、その中心にある考え方は実は同じです。

    “現在形”の持つ(一定期間)常に~する”というニュアンスを知っていれば、ムダな暗記は減り、効率よく学習できますね(^-^)

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    8141
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

人気記事