ブログ | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

2019.06
  • ブログ 2019年6月28日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    英単語を覚えるときは“なるべく短い期間になるべく多く回数をこなす”ことが大切です。

    うろ覚えで構いませんので、1週間に700~1000個くらいの単語を覚える習慣をつけてください。

    それを6~8週間繰り返すと英単語をものすごい勢いで覚えていくことができます!

     

    ただし、人間ですから相性が良くない単語も中には出てくるはずです。

    「何度見ても覚えられない…」

    「覚えたはずなのにすぐ忘れてしまう…」

     

    単語帳を使っても覚えられない相性の悪い単語を覚えるには、その単語を常に持ち歩くようにするといいでしょう。

     

     

    >>>情報カード暗記法

    情報カードとは文房具店や雑貨店で市販されている、通常の暗記カードより大きめのカードです。

    専用のケースもあり、持ち運びも可能です。

     

    情報カードの表には、覚えたい単語を含む例文を1つか2つ書きます。

    その単語をマーカーなどで目立つようにしておきます。

    単語単体ではなく、例文の中で覚えた方が効率よく覚えることができますし、文の中で関連づけて頭に入れた方が忘れにくくなります。

    なるべく例文は音読するようにしてください。

     

     

    情報カードの裏には単語の意味などを書きます。

    お好みで発音記号や品詞、または派生語などを記入しておくのも良いでしょう。

    ただし欲張りすぎないこと!

    目的は単語を覚えることで、きれいなカードを作ることではありません!

     

     

    このようにしてどうしても覚えられない単語は情報カードにして、ケースに入れて持ち運び、時間があるときには常に目を通すようにすると覚えられるようになります。

     

    注意してほしいことは、最初にカードを作り過ぎないようにすること。

    カードを作るのは作業であって、勉強ではありません。

    本来どうしても覚えられない単語をカードにして覚えることが目的ですから、単語帳の最初から最後までをカードにする必要はないですし、作ることで満足しないようにしましょう。

     

    情報カードを使った暗記法、是非お試しください!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    4252
  • ブログ 2019年6月22日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    今回は5月19日に行った学生に向けた講演の様子をダイジェストでお届けします。

    来てくれた学生のみなさん、ありがとうございました!!!

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    59812
  • ブログ 2019年6月14日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    さあ“不定詞”の最後はもちろん「副詞的用法」です。

     

    副詞のはたらき

    名詞以外を修飾する

     

    「副詞的用法」は副詞みたいなはたらきをするので、そう呼ばれています。

    副詞は名詞以外のさまざまなものを修飾します。

    具体的には、動詞や形容詞や副詞、そして文全体を修飾するんです。

     

    >>>不定詞の副詞的用法

    He went to Europe to study art.

    まず文型から考えます。

    HeがS、wentがVです。

     

    to Europeは前置詞と名詞のカタマリですから、副詞のカタマリです。

    ちなみにこれは不定詞ではありません。

    不定詞は“to V”の形をしていますが、これはtoの後に名詞が来ていますよね。

     

    さて残った“to study art”が不定詞ですが、文の要素にはなっていませんので、名詞的用法ではないことが分かります。

    これが直前の名詞を修飾していれば形容詞的用法となりますが、ここでは修飾していません。

    ということはこれは「副詞的用法」になります。

    3つあるうち2つが違えば、必然的に残りのひとつになります。

     

    ここまで来たら後は日本語訳でしたね。

    不定詞to study artは彼がヨーロッパに行った「目的」を表しています。

    つまり「彼は絵を勉強するためにヨーロッパに行った」と訳せばオッケーですね。

     

    副詞的用法の場合、基本的に2つの意味を覚えておけばほとんどの場合きちんと訳せます。

    ひとつがこの「目的」、そしてもうひとつが「感情の原因」です。

     

    次は「感情の原因」について見てみます。

     

    I am happy to see you.

    IがS、amがV、happyがCです。

     

    不定詞“to see you”は文の要素ではありませんので、名詞的用法ではありません。

    直前の名詞を修飾していれば形容詞的用法ですが、直前には名詞はなく形容詞happyがありますので、これも違います。

     

    ということはこれは「副詞的用法」となります。

    あとは意味です。

    この英文のように不定詞の直前に感情を表す形容詞があったら、「感情の原因」と考えてください。

     

    不定詞“to see you”が私が幸せな気持ちになった原因だからです。

    訳は「私はあなたに会えて幸せだ」となります。

     

     

    副詞的用法は消去法で考えていきます。

    そして副詞的用法と分かったら、「目的」か「感情の原因」の意味を当てはめてあげてください。

     

     

     

    これで不定詞の3用法の学習はおしまいです。

    不定詞を見たら、まずはどの用法なのか判断できるように訓練しましょう!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    5511
  • ブログ 2019年6月7日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    前回に引き続き、“不定詞”を勉強します。

    今回は形容詞のはたらきをする「形容詞的用法」についてです。

     

    まずは形容詞のはたらきを確認しておきましょう。

    形容詞は名詞を詳しく説明するはたらきがあるんでしたね。

    形容詞のはたらき

    名詞を修飾する

     

    さあ、それでは形容詞的用法を見ていきましょう。

     

     

    >>>不定詞の形容詞的用法

    I have some friends to help me.

    まず文型から考えるんでしたね。

    IがS、haveがV、some friendsがOです。

     

    不定詞“to help me”は文の要素にはなっていないことが分かります。

    ここで修飾を考えます。

     

    直前にあるsome friendsにto help meがかかっていれば形容詞的用法です。

    この不定詞はsome friendsがどんな友だちなのかを説明していますね。

    「私を助けてくれる友だち」なんです。

    ということは直前の名詞を修飾しているので、これは「形容詞的用法」だと分かります。

     

    ちなみにこのように後ろから名詞を修飾することを“後置修飾”と言います。

    英語ではこのように後置修飾されることのほうが多いですので、是非覚えておいてください。

    この文は不定詞がsome friendsにかかるように訳して、「私には私を助けてくれる何人かの友だちがいる」となります。

     

     

    I have a lot of homework to do.

    IがS、haveがV、a lot of homeworkがOです。

     

    不定詞to doは文の要素ではありません。

    直前の名詞を修飾していれば形容詞的用法です。

     

    「しなきゃいけない宿題」となって前の名詞にかかっていますね。

    だからこれも「形容詞的用法」です。

     

    訳してみると「私にはするべきたくさんの宿題がある」となります。

     

     

    I have a plan to study abroad.

    IがS、haveがV、a planがOです。

     

    不定詞は文の要素にはなっていないので、直前の名詞を修飾するか考えます。

    「海外で勉強する計画」となり、名詞を修飾しているので、「形容詞的用法」です。

    和訳は「私には海外で勉強する計画がある」ですね。

     

    このように形容詞のように名詞を修飾する不定詞を、「形容詞的用法」と言うんです。

     

     

    さあ次回は「副詞的用法」について学びます。

    前回の名詞的用法、そして今回の形容詞的用法をしっかり復習しておいてください。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    3111
  • ブログ 2019年6月1日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    いよいよ準動詞のひとつ、“不定詞”の学習に入っていきましょう。

     

    不定詞はVの形がto Vに変わって、まるで「名詞」「形容詞」「副詞」のようなはたらきをするもののことです。

    今回はまず名詞のはたらきをする「名詞的用法」について解説します。

     

     

    その前にまずは名詞のはたらきを確認しておきましょう。

    名詞のはたらき

    S(主語)になる

    C(補語)になる

    O(目的語)になる

     

    名詞は文のSやCやOになるんでしたね。

    これを踏まえた上で早速不定詞の名詞的用法を見ていきましょう。

     

     

    >>>不定詞の名詞的用法

    To study English is important.

    この文の“To study English”という部分が不定詞です。

     

    不定詞を考えるときはまず文型から考えること。

    isがVですから、To study EnglishがSということになります。

    つまり不定詞“To study English”はSの位置にあるわけです。

    Sになれる品詞は名詞。

    ということは、この“To study English”はまるで名詞のようなはたらきをしています。

    だからこれは「名詞的用法」となります。

    名詞的用法だと分かったら、「~すること」と日本語訳を当てはめてください。

    この文は「英語を勉強することは大切だ」という意味です。

     

     

    My dream is to be an astronaut.

    “to be an astronaut”が不定詞ですね。

    My dreamがS、isがV、to be an astronautがCです。

    不定詞“to be an astronaut”はCの位置にあります。

    Cになるのは名詞ですから、これも名詞のはたらきをしているので「名詞的用法」

    訳すと「私の夢は宇宙飛行士になることだ」となります。

     

     

    She likes to play the piano.

    “To play the piano”が不定詞です。

    SheがS、likesがV、to play the pianoがOです。

    Oになるのも名詞ですから、これも名詞のはたらきをしているので「名詞的用法」

    和訳は「彼女はピアノを弾くことが好きだ」ですね。

     

    このように本来名詞があるはずのS、C、Oの位置に置かれている不定詞を、「名詞的用法」と言うんです。

     

     

    最後にひとつ注意しておいてほしいことがあります。

    それは“日本語訳から考えない”ということです。

    先ほども言ったように、必ず文型から考えてください

    文型を考えてSかCかOの位置にあったら「~すること」と訳せるようにしましょう。

    文型を考える→訳を当てはめる、の順番です。

    こうすることで英文の構造を意識できるようになり、英語を正確に読めるようになるだけでなく、読むスピードを上げることにつながりますよ。

     

     

    次回以降不定詞の「形容詞的用法」と「副詞的用法」について解説します。

    今回は「名詞的用法」をしっかり理解しておきましょう。

    まるで名詞のような使い方をするから「名詞的用法」というんですよ。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    312