東京日本橋 | 英語 苦手 | 英語学習 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

  • ブログ学習法 2021年5月15日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************************************

     

    英語を勉強していて成果が見えないときには、

    いったん立ち止まって考えてほしいことがあります。

     

    それは、「自分の逃げてきたことは何か?」ということです。

     

    これはボク自身の経験からもそうですし、講師としてたくさんの英語学習者を見てきた経験からも断言できますが、実は勉強している本人が、自分がやるべきことが何かをすでにわかっているケースは意外に多くあります。

     

    でも、それと向き合うことができていないんです。

     

     

    「単語の勉強をしなければいけない」

    「実は中学レベルの文法が理解できていない」

    「発音の練習を怠っている」

    「実は英語を話す勇気がない」

    「リスニングの対策が面倒」

     

     

    自分に足りないものはわかっているけど、「やりたくない」「気が進まない」から、別のことを勉強します。

    真剣な人ほど、勉強をしていないと不安になります。

    とにかく勉強さえしていれば、「自分は勉強しているのだ」と自覚でき、少しは精神の安定剤になります。

     

    しかし、あなたが勉強しているのはそれほど自分が苦にならないことだったりします。

     

    すでにできることを何度やってもそれ以上の成長はありません。

    英語力を伸ばすためには、まだ自分ができないことをやるしかないんです。

    まだできないことというのは、大抵の場合、「あなたが逃げてきたこと」です。

     

    これまでに、

    「難しそうだから」とか

    「学生時代からこの単元は苦手だったから」とか

    「発音をバカにされて自信がなくなった…」とか

     

    そうやって逃げてきたところを解決していかない限り、成長はありません。

     

    それらと向き合うことは精神的苦痛を感じることもあるかもしれませんが、

    解決してこなかったことを解決していけば英語力は伸びていくものです。

     

     

    今日も応援しています!

    英語学習がんばってください:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    41
    ブログ著者

    谷口 翔太 Shota Taniguchi

    講師歴15年。
    小学生から社会人まで、さまざまな年齢層の英語力を上げてきた超人気英語コーチ。
    高校、大学で2度のアメリカ留学を経験。
    現在は企業、大学でのTOEIC語学研修や講演活動を通して英語の指導をしている。
    全国通訳案内士国家資格取得。
    IIBC AWARD OF EXCELLENCE受賞。


    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

人気記事