i | アルファベット | 人称代名詞 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

  • ブログ学習法 2019年8月30日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    英語を初めて勉強するときに、1人称の“I”だけは文頭でなくても大文字で書かなければならないと教わった人は多いと思います。

     

    品詞の名前でいうと、「人称代名詞」というグループに属するのがこの“I”です。

    他の人称代名詞、“you”“he”“she”などは文中では小文字なのに、なぜ“I”だけは大文字表記なのでしょう?

     

    実はこれ、印刷術の普及と関係があるんです。

     

    もともと“I”は古英語期(5世紀~11世紀頃)には“ic”という表記でした。

    その後cの音が弱かったために音がなくなり、中英語期(11世紀~15世紀頃)になると“i”だけが残りました。

    でもこれでは文中で目立たない。

    しかも書きにくい!

     

    ということで“i”の代わりに“j”という文字を作って使っていたようです。

    (ちなみにそれまでは“j”という文字はなく、これがアルファベット“j”の誕生となったんだとか…。ハッピーバースデー!)

     

    中英語期の終わりごろになると印刷術が普及しました。

    印刷業者さんたちは、この“j”が印刷すると目立たないことに不便を感じていたんです。

    それで“j”をさらに目立たせるために大文字の“I”を使うようになったんですね。

     

     

    今日から“I”を書くときには、是非そんな歴史を噛みしめて丁寧に書いてあげてくださいませ(笑)

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください: )

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    63921
    ブログ著者

    谷口 翔太 Shota Taniguchi

    講師歴15年。
    小学生から社会人まで、さまざまな年齢層の英語力を上げてきた超人気英語コーチ。
    高校、大学で2度のアメリカ留学を経験。
    現在は企業、大学でのTOEIC語学研修や講演活動を通して英語の指導をしている。
    全国通訳案内士国家資格取得。
    IIBC AWARD OF EXCELLENCE受賞。


    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!