英語学習 | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

「英語学習」
  • ブログ 2022年5月10日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    いつも応援いただきありがとうございます!

     

    *****************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』

    Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************

     

    ゴールデンウィークはどうのように過ごされましたか?

    世間的には楽しい連休ですが、英語学習の面ではリズムが狂うタイミングでもあります。

     

    お盆休みや年末年始もそうですが、どうしても連休というのは生活のリズムが変わるため、

    その影響もあって英語学習のリズムも崩れがちです。

     

    だからこそ、英語学習の優先順位を常に上位に置いておく必要があります。

    生活の中心的なポジションに英語学習がある人は、英語を効率よく習得できますが、

    なかなか英語を習得できない人は、「英語をできるようになる」という目標の優先順位が高くないわけです。

     

    旅行に行くときも、単語帳くらいは旅のお供にできないと、英語学習者とは言えません。

     

    連休中、英語の勉強をサボってしまった人は、

    ぜひもう一度気持ちを切り替えて英語学習に励んでくださいね。

     

     

    英語の勉強を続けることは、多くの人にとってはそんな楽なことではないと思います。

    だからこそほんの少しでもいいので工夫は大切です。

     

    ボクはというと、今年のゴールデンウィークは、

    家の近所を流れる隅田川沿いのベンチで、単語の勉強をしていました。

     

    ときどき川や周りの景色を眺めたり、外の空気を感じたり、

    いつもと違う環境で単語の勉強をすることでいい気分転換になりました。

     

    ゴールデンウィークですから、周りには観光客や地元の人もたくさんいましたが、

    さすがに単語を勉強しているのはボクくらいでした(笑)

    でも、ノートパソコンで仕事をしている人は見かけましたよ。

     

    英語学習や仕事をいつもとちょっと違う環境でしてみるのも、気分が変わっていいものです。

     

    勉強を継続するためには、自分なりの“小さな工夫”も大切ですよ。

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    282
  • ブログ 2022年1月25日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************

     

    「セルフイメージ」という言葉を聞いたことがありますか?

     

    あなたが、あなた自身のことをどう思っているか

    あなたが、あなた自身に抱いているイメージ

     

    という意味です。

     

     

    収入や体型のような数値化できるようなものから、

    性格などの数字では表せないようなものまで、

    あなたは、あなた自身に“ふさわしい”と思っているゾーンの中にいます。

     

    セルフイメージは、それほどあらゆる面に影響を及ぼすものなんです。

     

     

    ボクの専門とする英語の分野にも、セルフイメージに関する話があります。

     

    おそらく日本人であれば誰もが一度は耳にしたことがあるくらい強大な力を持っている、

     

    「日本人は英語ができない!」というセルフイメージです。

     

     

    これは個人単位のセルフイメージではなく、国民単位のセルフイメージです。

     

    そして、このセルフイメージの中にいる人は、

     

    「英語ができる自分なんて、自分らしくない」

    「自分なんかが英語ができるわけがない」

    「日本人は英語ができなくて当然なんだから、自分だってできなくてもいいや・・・」

     

    みたいに思っているわけです。

     

     

    さらに、その人はその場所が居心地がいいと感じています。

     

    本当に英語ができるようになりたいと思っているんだから、

    英語ができない自分で居心地がいいわけがない!

     

    って反論されるかもしれませんが、

     

    実は深いところでは、その人は英語ができるようになりたくないんです。

    英語ができるようになってしまうと困ることがあったりするんです。

     

     

    居心地のいい場所を抜け出すと、

    居心地が悪く、不快に感じることも必ずあります。

     

    でも、そこにいたのではずっと今までのあなたと変わりません。

     

     

    英語を習得するのに楽な道なんてないんです!

    でも本当に、本当に、本当に英語ができるようになりたいのなら、

    不快に感じることでもやってみないといけません!

     

     

    「日本人は英語ができない」というセルフイメージの中にそのままとどまるか、

     

    それとも、「私は英語ができる」というセルフイメージに書き換えて、

    本当に英語ができる人になるか

     

    決めるのはあなたです!

     

     

    日本人は英語ができます!

    この地球上に、英語ができない人なんていません!

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    352
  • ブログ学習法 2021年5月15日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************************************

     

    英語を勉強していて成果が見えないときには、

    いったん立ち止まって考えてほしいことがあります。

     

    それは、「自分の逃げてきたことは何か?」ということです。

     

    これはボク自身の経験からもそうですし、講師としてたくさんの英語学習者を見てきた経験からも断言できますが、実は勉強している本人が、自分がやるべきことが何かをすでにわかっているケースは意外に多くあります。

     

    でも、それと向き合うことができていないんです。

     

     

    「単語の勉強をしなければいけない」

    「実は中学レベルの文法が理解できていない」

    「発音の練習を怠っている」

    「実は英語を話す勇気がない」

    「リスニングの対策が面倒」

     

     

    自分に足りないものはわかっているけど、「やりたくない」「気が進まない」から、別のことを勉強します。

    真剣な人ほど、勉強をしていないと不安になります。

    とにかく勉強さえしていれば、「自分は勉強しているのだ」と自覚でき、少しは精神の安定剤になります。

     

    しかし、あなたが勉強しているのはそれほど自分が苦にならないことだったりします。

     

    すでにできることを何度やってもそれ以上の成長はありません。

    英語力を伸ばすためには、まだ自分ができないことをやるしかないんです。

    まだできないことというのは、大抵の場合、「あなたが逃げてきたこと」です。

     

    これまでに、

    「難しそうだから」とか

    「学生時代からこの単元は苦手だったから」とか

    「発音をバカにされて自信がなくなった…」とか

     

    そうやって逃げてきたところを解決していかない限り、成長はありません。

     

    それらと向き合うことは精神的苦痛を感じることもあるかもしれませんが、

    解決してこなかったことを解決していけば英語力は伸びていくものです。

     

     

    今日も応援しています!

    英語学習がんばってください:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    402
  • スクール情報ブログ 2020年2月15日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    2月5日に甲南大学ネットワークキャンパス東京で1時間の講演をしました。

    テーマは『日本人は本当に英語ができないのか~一歩が踏み出せないあなたへ~』です。

     

     

    「日本人は英語が苦手だ」などと言われますが、この議論をするときに絶対に知っておきたいことが2点あります。

    日本人が英語を習得する上で、この2つの視点は欠かすことができないもの!

    なのにその議論は全くされないまま表面的なことだけが話されてばかり…

     

    今回の講演では、ボクたち日本人が英語を学ぶ際に頭に入れておきたいこの重要な視点を2つお伝えし、英語を習得するために何から始めればいいのかを解説しました。

     

    是非ご覧ください!

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    11641
  • ブログ英文法 2019年10月5日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    英語学習をしていると必ず出会う“文法用語”

     

    「用語を覚えるのは大変…」

    「文法用語はキライ」

     

    文法用語に対してこのようなネガティブな意見を持っている人もいると思います。

     

    今回はそもそも“文法用語”が必要なのかどうかについて考えてみたいと思います。

     

     

     

    >>>文法用語は超大切!

    ズバリ結論から言うと、文法用語はめちゃくちゃ大切です!

     

    馴染みのあるものでいうと、

    「文型」「不定詞」「関係代名詞」「be動詞」など他にもたくさん聞いたことがある言葉があると思います。

     

    これらの言葉を使わずに、英文法を説明するのはかなり難しいです。

    文法用語があるから分かりにくいのではなく、文法用語があるから英文法の世界をスッキリ整理して考えられるんです!

     

     

     

    >>>なぜ用語は大切なのか?

    考えてみてください。

    英語学習に限らず、どんなジャンルであっても、専門用語を使わずに説明をすることは非常に難しいですよね。

     

    例えば、野球を「一塁」「バッター」「ホームラン」「盗塁」「グローブ」などの用語を使わずに説明するとなると、非常に手間がかかります。

    「FW」「ハンド」「フリーキック」「オフサイド」などの用語を使わず、サッカーを説明するのも難しい。

    休日にサッカーを友だちとすることになったとしましょう。

     

    「ポジション決めよう。俺はキーパーをするよ。」

    「キーパーって何?」

     

    「こっちにパスして!」

    「ごめん、パスの意味がわからない…」

     

    こんな状況があったら、どう思いますか?

    せっかくサッカーを楽しんでいるのに、なんかスムーズじゃないですよね(笑)

     

     

    スポーツの世界だけではありません。

    あらゆる分野に専門用語は出てきます。

     

    料理なら、「みじん切り」「炒める」「強火」など。

    パソコンなら、「マウス」「ブラウザー」「パソコンが重い」など。

    音楽なら、「キー」「ブレス」「サビ」など。

     

     

    英語学習でも同じです。

    英語の問題集を解いていて、解説に出てくる用語でいちいち引っかかっていては勉強が捗りません。

     

    もちろん、レッスンの中では用語はしっかり解説しますが、ある程度自分で知識を身につけることも必要です。

    そうすることで英語学習はスムーズになっていきます。

     

     

    最初から文法用語は難しいとか面倒くさいと決めつけずにがんばってみましょう!

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    256