英語 大人 | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

「英語 大人」
  • スクール情報ブログ 2023年3月22日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校谷口翔太です。

     

    いつも応援いただきありがとうございます!

     

    *****************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!あなたの思いを伝える英文法の本当の使い方』

    Amazonのオンデマンドにて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

     

    ▽ご購入はコチラから▽

    *****************************************************************

     

    先日、ダウンジャケットをクリーニングに出してきました。

    暖かい日が増えてきて、過ごしやすくなってきましたね。

    あちこちで桜も見られるようになって、春を感じられるようになりました。

     

    昨日3月21日は春分の日ということで、かなり久しぶりにYouTubeに動画をアップしました。

     

    人称代名詞、所有代名詞、再帰代名詞の3つの代名詞についての説明をしている動画です。

     

    中学生で勉強する内容ですが、TOEICには超頻出の単元で、

    文法的な使い分けができるかを問われます。

     

    独学ではなかなか気づかない視点で、簡潔にポイントを解説しています。

     

    もし良かったら見てみてください!

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

  • ブログ学習法 2022年9月6日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    いつも応援いただきありがとうございます!

     

    *****************************************************************

    新しい本が出ます!

    『人気英語コーチが教える!あなたの思いを伝える英文法の本当の使い方』

    Amazonのオンデマンドにて9月11日発売になります!

    ぜひ読んでみてください!

    *****************************************************************

     

    英語のリンキングのルールに、音が落ちてしまう現象があります。

    この現象はある特定の音と音が連続するときに起きるものです。

     

    今回は、音が落ちる現象が起きる2パターンを見ていきたいと思います。

     

     

    1.同じ子音の連続

    同じ子音が連続するとき、前の子音を落として発音します。

     

    What time is it? 「今何時ですか」

     

    この英文のWhat timeの部分は、Whatの最後の[ t ]の音と、

    それに続くtimeの最初の[ t ]の音が同じ子音です。

     

    この場合、ワット・タイムと言わずに、前の[ t ]の音を落とし、

    ワッタイムと発音します。

     

     

    Have a good day. 「良い一日を」

     

    この表現でも、goodの[ d ]の音とdayの[ d ]の音が連続するため、

    前の[ d ]の音を落とし、グッド・デイではなく、グッデイと発音します。

     

     

    2.似た子音の連続

    似た子音が連続する場合も、前の音を落とします。

    先ほどの同じ音は分かりやすいですが、似た音とは一体何なのでしょうか?

     

    この似た音というのは「無声音」と「有声音」のペアのこと。

    同じペアの音が連続するときにも、音が落ちる現象が起きるんです。

    このペアの基礎知識は前回のブログでお伝えしましたので、そちらをご確認ください。

     

    さて、似た音のペアを見てみましょう。

     

    Sit down. 「座ってください」

     

    このSitの[ t ]は無声音、そのペアの有声音は[ d ]でしたね。

    downの先頭に[ d ]の音があり、似た音が連続していることになります。

     

    そのため、シット・ダウンではなく、シッダウンと発音するんです。

    これは無声音→有声音の順番ですが、有声音→無声音の順番でも同じです。

     

    英語でおじいちゃんのことをgrandfatherとかgrandpaと言います。

    この2つ目のgrandpaはgrandの[ d ]が有声音で、

    このペアになる[ p ]という無声音がその直後に連続しています。

     

    有声音→無声音のペアになるため、グランドパではなく、グランパと読みます。

     

    ちなみにTOEICのリスニングでcupboard「食器戸棚」という単語がよく出題されますが、

    これもcupの[ p ]の音とboardの[ b ]の音はペアですね。

    カップボードじゃなくて、カッボー(ド)のように聞こえるはずですから要注意です。

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)