英会話フレーズ | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

「英会話フレーズ」
  • ブログ学習法 2020年3月30日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    前回のブログで、“How are you?”は本当にあまり使われないのか、についてお話ししました。

     

    今回は、“How are you?”に対する返し方についてお話ししたいと思います。

     

     

     

    >>>I’m fineじゃダメなのか?

    日本の学校で教わるHow are you?に対する最も一般的な返答は、I’m fineですよね。

    How are you?と聞かれたら、I’m fineと答えるとボクも学校で習いました。

     

    でも最近、ネイティブスピーカーや帰国子女、英語の先生の中にもI’m fineという返し方はあまりしないと言っている方が増えてきている気がします。

     

     

    実際のところI’m fineは本当にあまり使われていないのでしょうか?

     

     

    結論から言うと、

     

    I’m fineは非常によく使われます!

     

     

    例えば、ボクがアメリカの高校に留学していた頃からずっと仲のいいアメリカ人の友人がいます。

    彼と話すときにボクがHow are you?と聞くと、必ずI’m fineと返してきます。

     

     

    また今年に入って、ある企業の語学研修を、日本に来たばかりのアメリカ人講師と二人で担当することになりました。

    研修の前に顔を合わせる度に挨拶をしますが、彼もいつもI’m fineと返してくれます。

     

     

     

    >>>自分の返し方を決めておく

    ボク自身は、How are you?と聞かれたら、I’m good. How are you?と返します。

    留学していた頃からよく使っていたので、ほぼ反射的に出てくるようになっています。

     

    英語のネイティブスピーカーではないボクたち日本人は、ネイティブスピーカーのように返し方のバリエーションをたくさん持つ必要はありません。

    自分なりのお決まりの返し方を持っておけば十分です。

     

    もちろん余裕があればさまざまな返し方をするのはいいことだと思いますが、ネイティブスピーカーや帰国子女に「こんな返し方もある」「こんな風に返す方が自然だ」などと言われると、たかが挨拶でハードルが上がり過ぎてしまいます。

     

    英語でコミュニケーションを取るのに、そんなに難しく考える必要なんてありません。

     

     

    最後にいくつか返答の仕方を紹介しておきますので、お好きなものを自分のお決まりの返し方として使ってみてください。

     

    I’m fine.

    「元気ですよ」

     

    I’m good.

    「元気ですよ」        

     

    I’m great.

    「とても元気ですよ」

     

    Not bad.

    「まあまあだよ」

     

     

     

    今日も応援してますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    講演会@甲南大学ネットワークキャンパス東京

    “How are you?”は使わないのか?

    ネイティブ信仰はもうやめよう!

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    81
  • ブログ学習法 2020年3月28日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    これまで英語を教えてきて、受講生さんや講演会に参加された方に何度かされた質問があります。

     

    それは、

     

    「“How are you?”という表現は実際の会話では使われないと聞いたのですが、本当ですか?」

     

    というもの。

     

     

    あなたも似たようなことを聞いたことがあるかもしれません。

     

     

    >>>How are you?のバリエーション

    「実際の日常会話では、“How are you?”という表現はあまり使われず、他の表現をよく使う」なんて言うネイティブスピーカーや帰国子女、そして英語の先生がいるのは事実。

     

    彼らの言う他の表現とは一体どんなものなのか、それぞれ想像しているものは違うとは思いますが、ボクが実際アメリカに住んでいたときによく聞いたものを2つ紹介します。

     

    “How are you doing?”     

    「調子はどう?」

     

    このdoは「活動している」という意味で考えます。

    「あなたはどのように活動していますか?」→「調子はどう?」

     

    “How’s it going?”        

    「調子はどう?」

     

    こちらも「調子はどう?」という意味の表現。

    itは「状況のit」と呼ばれるものです。

    「状況はどのように進んでいますか?」→「調子はどう?」

     

     

    他にも同じような表現はいくつかありますが、使われる頻度でいうとこの2つが圧勝だと思います。

     

     

     

    >>>>How are you?は使われまくり!

    では、”How are you?”は本当にあまり使われないのでしょうか?

     

    結論から言うと、

     

    How are you?はめちゃくちゃ使われます!

     

     

    普段から親しい人としか接することがない学校のような場所だと、もう少しカジュアルな”How are you doing?”や”How’s it going?”も非常によく使われますが、やはり”How are you?”は別格だと思います。

     

    ビジネスで会う相手、目上の人と話すときやフォーマルな場面だけでなく、本当に親しい間柄の人にも使うことができる表現です。

     

    How are you?はあまり使わないなんて言う人がいるのが信じられないくらいです。

     

     

    特に日本人は「ネイティブスピーカーがいうこと」には弱いようで、

    「ネイティブがそう言っていた」と言われたら、全部本当のことのように思えてしまう人も多いでしょう。

    でもあえて言いますが、ネイティブスピーカーの知識なんて、英語という言語に精通しているネイティブは別として、あなたが思っているほど大したことはありません。

     

    日本語のネイティブスピーカーであるあなたは、日本語の会話表現や文法にどのくらい自信を持っているのでしょうか?

    説明できないことなんて山ほどあるはずです。

     

    “How are you?”はきちんとした正しい英語です!

    自信を持って、いろんな場面でどんどん使ってください!

     

     

     

    次回のブログでは、”How are you?”に対する返答について書いてみたいと思います。

     

     

    今日も応援してますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    講演会@甲南大学ネットワークキャンパス東京

    「話せなきゃいけない」という前提を捨てる

    ネイティブ信仰はもうやめよう!

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    112
  • ブログ学習法 2020年2月19日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    数年前から、週に1~2回は家の近くを走るようにしているのですが、ボクは寒いのがとにかく苦手なので、冬になるとサボりがちです。

     

    ずっと使っていたランニングシューズが古くなってきたので、今月ついに新しいシューズを買ってまた家の近所を走り始めました。

    昨年の末から今年の1月までは寒さに負けて全く走っていなかったので、久々に走ると“筋肉痛”になりました。

    ただボクは“筋肉痛”がキライじゃないんですよね。

    どちらかというとむしろ好きな方だと思います。

     

     

    さて、あなたは“筋肉痛”を英語で何というかご存知ですか?

     

    筋肉痛を英語にすると“muscle pain”“sore muscle”となります。

    その他に“aching muscle”なんて言い方もありますよ。

    これらの表現をそのまま使って「筋肉痛だ」というときには、

     

    I have muscle pains.

    I have sore muscles.

    I have aching muscles.

     

    という風に表現します。

     

     

    painは「痛み」という名詞です。

    体のどこかが痛むときにこの単語を使っていろいろ表現できます。

     

    I have a pain in my foot.

    「足が痛い。」

     

    I have back pain.

    「背中が痛い。」

     

     

     

    soreという単語は形容詞で「痛い」という意味で、こちらも体の部位の痛みをいろいろ表現することができます。

     

    I have sore shoulders.

    「肩が痛い。」

     

    I have a sore throat.

    「のどが痛い。」

     

     

    painやsore以外の単語で痛みを表現するときに用いるものとしてacheという単語があります。

    上で紹介した英文では“aching”となっていますが、これはacheが現在分詞(ing形)になって形容詞化したもの。

     

    My stomach aches.

    「お腹が痛い。」

     

    という風に動詞として使ってもいいですし、

     

    I have a toothache.

    「歯が痛い。」

     

    I have a headache.

    「頭が痛い。」

     

    のように“toothache”や“headache”という名詞の一部として使うこともあります。

     

     

    体の調子が悪くならないことがベストですが、もし英語圏に行ったときにどこか痛むようなことがあったらこれらの表現が役に立ってくれますよ。

     

     

    今日も応援してますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    どうして“I”は大文字で書くの?

    単語帳はどう選べばいい?

    こんな単語力の伸ばし方もある!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    1841
  • ブログ学習法 2019年1月25日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    ボクたちは英語を学習するとき、どうしても「話す」ことに意識がいってしまいがちです。

    でも普段の生活の中で「聴く」能力が必要な場面はたくさんあります。

     

    英語圏に旅行に行くことになり、役に立つ英語のフレーズを覚えたとしましょう。

    “Would you tell me the way to the station?”

    「駅への行き方を教えてくれませんか。」

    などはその代表例でしょう。

    このフレーズを言えたとしても、その後相手が答えてくれた内容を理解できなければ意味がありませんよね。

     

    英語で何かを尋ねられることもあるでしょう。

    レストランでよく聞くのは、

    “Are you ready to order?”

    「ご注文はお決まりですか。」

    というフレーズや、

    “Anything else?”

    「他にご注文はございますか。」

    というフレーズですね。

    きちんと聞けていないと、対応が遅れたり、コミュニケーションに支障をきたすことがあったりするかもしれません。

     

    英語での会議に出席するとしたらどうでしょうか。

    会議ではおそらく話を聞く時間の方が多くなるでしょう。

    話を聞いた上で意見を求められるかもしれません。

     

    サンフランシスコ空港で英語のアナウンスを聞いて理解できれば、乗り換えや移動がスムーズになるでしょう。

    トロントのショッピングモールでアナウンスを聞いてお得な情報を手に入れられたら、割引してもらえることがあるかもしれません。

     

    このようにボクたちの生活には「聴く」場面が溢れています。

    発信するだけでなく、きちんと受信できる、話の聞ける人にならなくてはコミュニケーションは成り立ちません。

     

    是非TOEICなどの資格試験をきっかけにリスニング力を伸ばすことも意識してみてくださいね(^^♪

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    57