大人 英語 初心者 | 大人 英語学習 | 大人 英語教室 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

  • ブログプライベート 2023年2月17日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校谷口翔太です。

     

    いつも応援いただきありがとうございます!

     

    *****************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!あなたの思いを伝える英文法の本当の使い方』

    Amazonのオンデマンドにて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

     

    ▽ご購入はコチラから▽

    人気英語コーチが教える!あなたの思いを伝える英文法の本当の使い方 | 谷口翔太 |本 | 通販 | Amazon

    *****************************************************************

     

    先日、上野にある東京都美術館で開催中の『エゴン・シーレ展』に行ってきました。

    エゴン・シーレは、28歳という若さでこの世を去ったウィーンを代表する画家です。

    シーレの絵画を見るのは初めてでしたが、

    何点か展示されていたシーレの自画像がどれも印象的でした。

     

    ちなみにボクは芸術のことは全くわかりません(笑)

    でも美術館に行くのは好きで、ときどき上野に足を運んでいます。

     

    美術館が好きになったきっかけは、アメリカの大学に留学していたとき。

    ルーマニア人とドイツ人の友だちとよく3人でつるんでいたんですが、

    この2人が美術館が好きで、出かけた先で必ず地元の美術館に一緒に行っていました。

     

    あの「整った空間」に身を置くことで、

    「今」にフォーカスできる感覚が好きなんですよね~。

     

    美術館で絵画を見るときに、解説パネルにも目を通したりするんですが、

    職業柄、日本語と英語の文章を両方とも読んでみたりします。

     

    もちろん、絵画を見るのが目的ですので、

    解説は軽く読んでいる感じですが、英語の文章を読むことで、受講生のみなさんに話すネタが見つかったりします。

     

    例えば、「分詞構文はあまり使わない」なんて言われることがありますが、

    英字新聞や美術館の解説パネルなどを見ると、本当によく使われています。

     

    英語を読めるようになると、美術館の楽しみ方もほんの少しだけ増えますね!

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

               
    ブログ著者

    谷口 翔太
    Shota Taniguchi
    株式会社おとなの英語予備校 代表取締役。
    全国通訳案内士国家資格|
    英検1級|TOEIC985点
    IIBC AWARD OF EXCELLENCE受賞者


    高校、大学で2度のアメリカ留学を経験。日本とアメリカの大学で英語学と英米文学を学ぶ。
    学習塾、予備校、ビジネススクールなどを経て、おとなの英語予備校を開校。
    英語の本質をついたわかりやすく楽しい授業は、多くの企業の語学研修や大学の講義でも高い評価を受け続けており、大好評となっている。



    おとなの英語予備校のレッスンを受けたい!と思ったら、まずは無料カウンセリングへ!

人気記事

  • カテゴリー

  • 人気記事