how | what | 英会話 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

  • ブログ 2020年2月12日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

     

    今回は“感嘆文”について解説します。

    感嘆文とは「心の動き」「感情」を表現する文のこと。

     

     

    >>>感嘆文のカタチ

    What (a/an) 形 名 + S V !

    How 形 / 副 + S V !

     

    whatとhowを使った2種類があり、SVの前の形の違いによって使い分けます。

    文末には!(感嘆符)をつけることにも注意しましょう。

     

     

    >>>whatの感嘆文

    whatの後ろには形容詞に修飾された名詞が置かれます。

    名詞が単数形のときには冠詞をつけます。

    名詞が複数形や不可算名詞のときには冠詞はつけません。

     

    訳すときには「なんて…な~」とします。

     

    What a beautiful girl she is!

    「彼女はなんてきれいな女の子なのだろう!」

    What an interesting book this is!

    「これはなんて興味深い本なのだろう!」

     

    SVの直前にそれぞれ形容詞+名詞が置かれていますね。

    girlもbookも可算名詞の単数形なので、前には冠詞が置かれているんです。

     

     

    What beautiful girls they are!

    「彼女たちはなんてきれいな女の子たちなのだろう!」

    What interesting books these are!

    「これらはなんて興味深い本なのだろう!」

     

    こちらはSVの直前の名詞がそれぞれ複数形なので、冠詞は必要ありません。

     

    What clean water it is!

    「それはなんてきれいな水なのだろう!」

     

    この文はSVの直前の名詞がwaterという不可算名詞なので、冠詞はつけません。

     

     

     

    >>>howの感嘆文

    howの後ろには形容詞、または副詞が置かれます。

     

    訳すときには「なんて…」とします。

     

    How tall he is!

    「彼はなんて背が高いのだろう!」

    How sweet this candy is!

    「このキャンディはなんて甘いのだろう!」

     

    SVの直前にそれぞれtallとsweetという形容詞が置かれています。

     

    How fast the dog runs!

    「その犬はなんて速く走るのだろう!」

    How slowly she talks!

    「彼女はなんてゆっくり話すのだろう!」

     

    こちらはそれぞれSVの直前に副詞が置かれていますね。

     

     

     

    英会話で感嘆文が使われるときには、whatの場合も、howの場合も、後ろのSVの部分は省略されることが一般的です。

    しかし、文法的に正式なカタチを知っておくことは非常に重要です!

    感嘆文を使いこなして、英語表現の幅を是非広げてください!

     

     

    今日も応援してますね!

    英語学習がんばってください:)

               
    ブログ著者

    谷口 翔太
    Shota Taniguchi
    株式会社おとなの英語予備校 代表取締役。
    全国通訳案内士国家資格|
    英検1級|TOEIC985点
    IIBC AWARD OF EXCELLENCE受賞者


    高校、大学で2度のアメリカ留学を経験。日本とアメリカの大学で英語学と英米文学を学ぶ。
    学習塾、予備校、ビジネススクールなどを経て、おとなの英語予備校を開校。
    英語の本質をついたわかりやすく楽しい授業は、多くの企業の語学研修や大学の講義でも高い評価を受け続けており、大好評となっている。



    おとなの英語予備校のレッスンを受けたい!と思ったら、まずは無料カウンセリングへ!

人気記事

  • カテゴリー

  • 人気記事