when | where | why | 形容詞節 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

  • ブログ英文法 2019年12月28日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    今回は“関係副詞”についてです。

    関係副詞も関係代名詞と同じように「形容詞」のカタマリをつくります。

    <  >の部分が関係副詞のカタマリで、先行詞を修飾しています。

     

     

     

    >>>関係副詞の種類

    関係副詞には3つの種類があります。

    whenwherewhyです。

     

    これらは先行詞の種類によって区別されます。

    先行詞の違いと関係副詞の後ろのカタチに注目して、それぞれ見ていきましょう。

     

     

    ①when

    先行詞が「時」を表す場合、関係副詞whenを使います。

    I remember the day <when she was born>.

    「私は彼女が生まれたその日を覚えている。」

     

    先行詞はday「日」です。

    「時」を表す先行詞ですので、関係副詞のwhenですね。

     

    ②where

    先行詞が「場所」を表す場合、関係副詞whereを使います。

    This is the park <where we play catch>.

    「これは私たちがキャッチボールをする公園だ。」

     

    先行詞はpark「公園」です。

    「場所」を表す先行詞なので、関係副詞のwhereですね。

     

    ③why

    先行詞が「理由」を表す場合、関係副詞whyを使います。

    Nobody knows the reason <why Tom quit his job>.

    「トムが仕事を辞めた理由をだれも知らない。」

     

    先行詞はreason「理由」です。

    もちろん関係副詞whyですよね。

     

     

     

    >>>後ろのカタチ

    関係副詞の後ろにはSVが来ています。

    ここまでだと関係代名詞の目的格と同じですが、両者には大きな違いがあります。

     

    関係副詞のSVの後には名詞が抜けていない完全な文が来ています。

    関係代名詞の目的格のときは、Oが抜けていましたよね。

    つまり不完全な文だったんです。

     

    このように関係代名詞と関係副詞を区別するときには、その後ろのカタチが最も重要なポイントとなります。

    忘れないでくださいね。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    113
    ブログ著者

    谷口 翔太 Shota Taniguchi

    講師歴15年。
    小学生から社会人まで、さまざまな年齢層の英語力を上げてきた超人気英語コーチ。
    高校、大学で2度のアメリカ留学を経験。
    現在は企業、大学でのTOEIC語学研修や講演活動を通して英語の指導をしている。
    全国通訳案内士国家資格取得。
    IIBC AWARD OF EXCELLENCE受賞。


    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!