to+動詞の原形 | TOEIC | 副詞 | 東京で英語を最短で習得できる英会話スクール | 神田 新日本橋 大手町の英語 英会話教室

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

  • ブログ 2019年6月14日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    さあ“不定詞”の最後はもちろん「副詞的用法」です。

     

    副詞のはたらき

    名詞以外を修飾する

     

    「副詞的用法」は副詞みたいなはたらきをするので、そう呼ばれています。

    副詞は名詞以外のさまざまなものを修飾します。

    具体的には、動詞や形容詞や副詞、そして文全体を修飾するんです。

     

    >>>不定詞の副詞的用法

    He went to Europe to study art.

    まず文型から考えます。

    HeがS、wentがVです。

     

    to Europeは前置詞と名詞のカタマリですから、副詞のカタマリです。

    ちなみにこれは不定詞ではありません。

    不定詞は“to V”の形をしていますが、これはtoの後に名詞が来ていますよね。

     

    さて残った“to study art”が不定詞ですが、文の要素にはなっていませんので、名詞的用法ではないことが分かります。

    これが直前の名詞を修飾していれば形容詞的用法となりますが、ここでは修飾していません。

    ということはこれは「副詞的用法」になります。

    3つあるうち2つが違えば、必然的に残りのひとつになります。

     

    ここまで来たら後は日本語訳でしたね。

    不定詞to study artは彼がヨーロッパに行った「目的」を表しています。

    つまり「彼は絵を勉強するためにヨーロッパに行った」と訳せばオッケーですね。

     

    副詞的用法の場合、基本的に2つの意味を覚えておけばほとんどの場合きちんと訳せます。

    ひとつがこの「目的」、そしてもうひとつが「感情の原因」です。

     

    次は「感情の原因」について見てみます。

     

    I am happy to see you.

    IがS、amがV、happyがCです。

     

    不定詞“to see you”は文の要素ではありませんので、名詞的用法ではありません。

    直前の名詞を修飾していれば形容詞的用法ですが、直前には名詞はなく形容詞happyがありますので、これも違います。

     

    ということはこれは「副詞的用法」となります。

    あとは意味です。

    この英文のように不定詞の直前に感情を表す形容詞があったら、「感情の原因」と考えてください。

     

    不定詞“to see you”が私が幸せな気持ちになった原因だからです。

    訳は「私はあなたに会えて幸せだ」となります。

     

     

    副詞的用法は消去法で考えていきます。

    そして副詞的用法と分かったら、「目的」か「感情の原因」の意味を当てはめてあげてください。

     

     

     

    これで不定詞の3用法の学習はおしまいです。

    不定詞を見たら、まずはどの用法なのか判断できるように訓練しましょう!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    5511
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!