おとなの英語予備校 講師ブログ

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

ブログの最新情報をプッシュ通知にて配信中です。

iPhoneをお使いの方 購読を行うのに専用アプリが必要となりますので、下記よりダウンロードをお願いいたします。
>> ダウンロードはこちらから<<

  • ブログ学習法 2022年3月8日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』

    Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    *****************************************************************

     

    「ボク、テレビ持ってないんですよね~」

     

    なんて話をすると、結構驚かれることが多いですが、

    正直もう何年もテレビを見ていません。

     

    困ることも全くないので、ずっと買ってないんですが、

    テレビがないこともあってか、ネットで動画は毎日見ています。

     

    特にYouTubeはかなりの時間見ている気がします。

     

    実生活に役に立つ情報があったり、心を豊かにしてくれる情報があったり、

    さまざまな場面でYouTubeは欠かせないものになりました。

     

     

    さて、YouTubeには「英会話」関連の動画がたくさん上がっていますよね。

     

    「英会話のこんな場面ではこんな風に表現するんですよ」

    「ネイティブはこんな言い方はしませんよ」

    「これはこうやって発音するんですよ」

     

    英語を教えているボクにとっても、内容はおもしろいし、勉強になることも多い英会話の動画ですが、

    今回はあえてそんな英会話関連の動画を見ている人に厳しいことをお伝えしようと思います

     

     

    英会話ができるようになりたい人は、ネイティブや帰国子女の英会話に関する話を聞いて、「私もこんな風に英語を話せるようになりたい!」と思うことがあるんじゃないでしょうか。

     

    しかし、(ボクもYouTubeに動画を上げておいて言うのもなんですが、)そんな動画を見ている人に限って英語はできるようになりません!

    そんな暇があるなら、地道に単語を覚えたり、文法の勉強をしたりしてください!

    単語帳の例文や文法問題の英文を何十回も音読してください!

     

    表面的に英会話のフレーズを学んでも、ネイティブの発音を学んでも、

    英語の基礎体力のない人が英語ができるようにはなりません!

     

    90分間フィールドで走る体力もないのに、プロのサッカー選手から、

     

    「相手がこう来たら、こうかわす」

    「この場面ではこう動く」

     

    なんてことを聞いて満足してるのといっしょ。

     

    聞いたことを実戦で使いこなせる日が来ることはありません。

     

     

    外国語が自然に身につくことはありませんし、

    楽をして身につくこともありません!

     

    本当に英語を使えるようになりたいのであれば“数年間”地道に英語の勉強を続ける覚悟を持って、

    とにかく英語の勉強をスタートさせましょう!

     

    YouTubeを見ているだけでは、英語が使えるようになる日は一生来ませんよ!

     

     

    今日も応援しています!

    英語学習がんばってくださいね:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    192
    英単語英文法英語
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法 2022年2月22日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************

     

    英語学習者の初・中級者に多い間違いのひとつにhearとlistenの区別があります。

     

    この2つの単語は「聞く」という意味で覚えている方が多いと思いますが、

    一体何が違うのでしょうか?

     

    英語のネイティブスピーカーや、日本人でも英語ができる人たちがよくする説明が次のようなものです。

     

    hearは「聞く」「聞こえてくる」という意味で、

    listenは「聴く」「耳を傾ける」という意味。

     

    例えば、街を歩いていてお店などから流れる音楽が聞こえてきたなら、

     

    I heard music. 「音楽が聞こえてきた」

     

    というようにhearを使います。

     

    しかし、車を運転しているときに音楽を聴きたくなって、音楽をかけたなら、

     

    I listened to music. 「音楽を聴いた」

     

    となり、listenを使います。

     

    確かにこのhearとlistenの意味の違いの説明自体は間違っていないのですが、

    英語を学ぶときにもっとも重要なのは“型”や“語順”などのルールの方です。

     

    実は、hearとlistenというのは動詞の種類が異なるんです。

     

    英語の動詞には「自動詞」「他動詞」があります。

     

    カンタンにいうと「自動詞」は直後に目的語になる名詞が不要な動詞で、

    「他動詞」は直後に目的語になる名詞が必要な動詞です。

    この目的語は英語でObjectと言い、

    頭文字を取ってよくOと表記されます。

     

    このことを踏まえて先ほどのhearとlistenの英文をもう一度見てみましょう。

     

    I heard music.

    I listened to music.

     

    hearは直後に名詞のmusicが置かれていて、これがhearの目的語(O)になっています。

    一方、listenは直後に前置詞toがあり、その後にmusicが置かれています。

     

    つまり、hearは「他動詞」で、listenは「自動詞」という違いがあるんです。

     

    「他動詞」は直後に目的語を置けますが、

    「自動詞」は前置詞がないと目的語を置くことができません。

     

    英語の学習を効率化するためには、このようなルールを知る必要があります。

     

    TOEICなどの資格試験でもそうですが、

    空所補充の問題では、「英文の意味から考える」のではなく、

    「英語の型から考える」ようにしましょう!

     

     

    ちなみに、最後にhearとlistenの違いをもうひとつだけ。

     

    hear「聞こえてくる」は“状態”であるため進行形にできませんが、

    listen「耳を傾ける」は“動作”なので進行形にできます。

    これもそれぞれの単語の性質を捉えたとても大切なことです。

     

    英語は“意味”からではなくて、“型”から考える!!

     

    これ、忘れないでくださいね。

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    374
    TOEIC他動詞自動詞
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ 2022年2月8日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************

     

    ボクの教室に来られる方の多くは、中学生のときから英語に対して苦手意識を持っていたという方々です。

     

    英語ができるようになりたいと思っても、

    苦手意識を持ったままだとなかなか重い腰が上がらないってことありますよね。

     

    今では小学生から英語の勉強が始まっていますが、

    かつては、ほぼすべての生徒が中学生になってから英語を勉強し始めたわけです。

    つまり、個人で英語の塾や教室に通っていない限り、みんな同じスタートラインにいました。

     

    中1の1学期の中間テスト、

    習った内容がまだ少ないため、差はあまり出ません。

    1学期の期末テストになると、

    徐々に英語で点数を取れる子と、そうでない子が出てきます。

     

    中1の2学期、3学期と進んで、さらに差が開いていく・・・

     

    しかし、ここで見落としてはいけない大事な視点があります

    それは、英語で点数が低かった子は“本当に英語がわかってなくて点数を取れなかったのか”ということです。

     

    中1の1学期というのは、英語に対する最初のイメージが確定する時期と言っても過言ではありません。

    テストで点数が高ければ、「英語ができる」と思えるでしょうし、

    点数が低ければ、「自分は英語ができないんだ・・・」と考えてしまいます。

     

    しかも、それに追い打ちをかけるかのように、

    学校の先生や親からも「英語ができていない」とか言われるわけです。

     

    本人も含め、親や学校の先生は点数だけを見て、その子の英語力を判断することが多いです。

     

    しかし、プロの英語講師が見るのは、点数ではなく、解答の質です。

     

    中学生の英語のテストをよく見ると、

    点数が低い子も、英語がわかってなくて低いわけではないんです。

     

    ではなぜ点数が低いのかというと、

    ケアレスミスをするからです。

     

    スペルミスや大文字で書くべきところを小文字で書いているなど、

    ケアレスミスが積み重なって点数が悪くなってしまうんです。

     

    中学のころから英語に苦手意識があるという方のほとんどは、

    実は英語自体ができていなかったんじゃなくて、ザツだったんです(笑)

     

     

    逆に言えば、中学校のときの英語が得意な子というのは、“ミスをしない子”

    特に中1のときは、それが顕著に表れます。

     

    “ミスをしない子”は英語のテストの点数が良いので、

    本人も「英語ができる」「英語楽しい」「英語が好き」というセルフイメージになっていきます。

     

    学校で英語を習い始めた子には、まずミスをしないように指導してあげると、

    スムーズな英語学習のスタートが切れますよ。

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    352
    中学英語社会人 英語 基礎英語苦手
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ 2022年1月25日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************

     

    「セルフイメージ」という言葉を聞いたことがありますか?

     

    あなたが、あなた自身のことをどう思っているか

    あなたが、あなた自身に抱いているイメージ

     

    という意味です。

     

     

    収入や体型のような数値化できるようなものから、

    性格などの数字では表せないようなものまで、

    あなたは、あなた自身に“ふさわしい”と思っているゾーンの中にいます。

     

    セルフイメージは、それほどあらゆる面に影響を及ぼすものなんです。

     

     

    ボクの専門とする英語の分野にも、セルフイメージに関する話があります。

     

    おそらく日本人であれば誰もが一度は耳にしたことがあるくらい強大な力を持っている、

     

    「日本人は英語ができない!」というセルフイメージです。

     

     

    これは個人単位のセルフイメージではなく、国民単位のセルフイメージです。

     

    そして、このセルフイメージの中にいる人は、

     

    「英語ができる自分なんて、自分らしくない」

    「自分なんかが英語ができるわけがない」

    「日本人は英語ができなくて当然なんだから、自分だってできなくてもいいや・・・」

     

    みたいに思っているわけです。

     

     

    さらに、その人はその場所が居心地がいいと感じています。

     

    本当に英語ができるようになりたいと思っているんだから、

    英語ができない自分で居心地がいいわけがない!

     

    って反論されるかもしれませんが、

     

    実は深いところでは、その人は英語ができるようになりたくないんです。

    英語ができるようになってしまうと困ることがあったりするんです。

     

     

    居心地のいい場所を抜け出すと、

    居心地が悪く、不快に感じることも必ずあります。

     

    でも、そこにいたのではずっと今までのあなたと変わりません。

     

     

    英語を習得するのに楽な道なんてないんです!

    でも本当に、本当に、本当に英語ができるようになりたいのなら、

    不快に感じることでもやってみないといけません!

     

     

    「日本人は英語ができない」というセルフイメージの中にそのままとどまるか、

     

    それとも、「私は英語ができる」というセルフイメージに書き換えて、

    本当に英語ができる人になるか

     

    決めるのはあなたです!

     

     

    日本人は英語ができます!

    この地球上に、英語ができない人なんていません!

     

     

    今日も応援していますね!

    英語学習がんばってください:)

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    352
    セルフイメージプライベートレッスン英語学習
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ 2022年1月11日

    あけましておめでとうございます!

    おとなの英語予備校・代表の谷口翔太です。

     

    *****************************************************************************************

    著書『人気英語コーチが教える!英語コンプレックスを克服するための20の思考』Amazonのオンデマンド/電子書籍にて好評発売中!

    ぜひ読んでみてください!

    https://www.amazon.co.jp/dp/4867280186/

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08TC54Z98/

    *****************************************************************************************

     

     

    If we look Jamaican,

    walk Jamaican,

    talk Jamaican,

    and is Jamaican,

    then we sure as hell better bobsled Jamaican.

     

    「俺たちの見た目も、歩き方も、話し方も、存在そのものもジャマイカ人なら、

    ボブスレーだってジャマイカ人らしくやればいいだよ」

     

     

    ボクが大好きな映画クールランニング(原題:Cool Runnings)に登場するセリフです。

     

    この映画を初めて見たのは、アメリカ留学中だった高校2年生のとき。

    アメリカでの生活にやっと慣れてきて、英語でのコミュニケーションも少しずつスムーズにできるようになってきたという頃でした。

     

    ボクはどうしてもネイティブと自分とのギャップを埋められないことに少しモヤモヤしていました。

    もちろん英語力の部分でもそうですが、アメリカ人の国民性というか、彼らの性格と自分の性格の部分でもギャップを感じていました。

     

    自分でも気づかないくらい無意識のうちに「アメリカ人のようになりたい」と思っていたんです。

     

    「アメリカ人のように英語を話したい」

    「アメリカ人のように振る舞いたい」

     

     

    この映画を見たときが、ちょうどそういう時期でした。

     

    だからこそ最初に書いた映画のセリフはボクの胸に響きました。

     

    ボクは肝心なことを忘れていたんです。

     

    ボクは日本人です。

    日本人であることが谷口翔太のアイデンティティーであり、日本人であることがベストです。

     

    ボクにとって英語は外国語です。

    外国語として英語を話し、日本人のように振る舞い、日本人のように考えていいんだ!

     

    そう思えるようになりました。

     

    あなたは、あなたでいいんです!

     

    ボクたちは英語ネイティブになることなどできません。

    そうなる必要もありません。

     

    でもかつてのボクがそうだったように、

    「ネイティブスピーカーのように英語を話したい」と思っている人は多いじゃないでしょうか?

     

    ネイティブスピーカーの話やアドバイスは貴重です。

    英語学習において役に立つ場面はとても多いです。

     

    しかし、ネイティブスピーカーが言うことを何もかも真に受けるのも違います。

    ネイティブスピーカーがみんな同じことを言うわけでもありません。

     

    ボクたちが目指すのはノンネイティブの英語です。

    もっというなら日本人が目指すのはサムライ・イングリッシュを使えるようになること!

     

    もうネイティブスピーカーを目指すのはやめましょう。

     

    日本人は、日本人であることがベスト

    英語にだって、日本人の英語があっていい。

     

    ボクはそう思います。

     

     

    今年も応援しています!

    英語学習がんばってくださいね:)

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    5221
    プライベート社会人 英語英会話
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

人気記事