おとなの英語予備校 講師ブログ

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

ブログの最新情報をプッシュ通知にて配信中です。

iPhoneをお使いの方 購読を行うのに専用アプリが必要となりますので、下記よりダウンロードをお願いいたします。
>> ダウンロードはこちらから<<

  • ブログ英文法 2018年12月18日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    英語の時制には“進行形”というものがあります。

    今回はこの“進行形”について解説したいと思います。

     

    Nancy is eating lunch.

     

    この英文のように、進行形は【be動詞 + 動詞のing形】のカタチで表されます。

    現在進行形であれば、be動詞の現在形を使い、過去進行形であれば、be動詞の過去形を使います。

     

     

    >>>進行形のメッセージ

    では訳はどうなるのでしょうか?

    「~している」と訳すと習った方も多いと思いますが、これでは進行形が本来持っているニュアンスが十分伝わっているとは言えません。

     

    進行形とは、ズバリ“~している最中”というニュアンスで使うんです!

     

    “Nancy is eating lunch.”という英文は、「ナンシーは今まさに昼食を食べている最中だ」というニュアンスになります。

    これで進行形のメッセージがきちんと伝わったことになります。

     

    I am reading a book.

    「私は本を読んでいる最中だ。」

     

    She is cooking dinner.

    「彼女は夕食を作っている最中だ。」

     

    was watching TV when my mother came home.

    「母が帰宅したとき、私はテレビを見ている最中だった。」

     

    このように“~している最中”のニュアンスを理解することで、あなたが英会話で進行形の文を聞いたり、話したりするときにも少し世界が変わって見えるはずですよ。

     

     

     

    >>>進行形にできない動詞

    進行形を勉強していると“進行形にできる動詞”“進行形にできない動詞”というのが出てきます。

    動作動詞は進行形にできるが、状態動詞は進行形にできないという説明をされることが多いですね。

     

    実はこの動作動詞状態動詞を一瞬で見抜くことができる方法があります。

    それは、“今その場でやめられるかどうか”です。

     

    もし、今その場でパッとやめられるなら、それは動作動詞です。

    逆に、今その場でパッとやめられないなら、それは状態動詞となります。

     

    まだ少しわかりにくいと思いますので、例文で解説してみましょう。

     

    さっき出てきた“eat”という動詞は動作動詞です。

    あなたがご飯を食べていて、その場で食べるのをやめろと言われれば、パッとストップできますよね。

    “read”も“cook”も“watch”もすべて動作動詞です。

    その場でやめろと言われたら、すべてストップできるからです。

     

    では“know” 「知っている」という動詞はどうでしょうか?

    “I know him.”という文は「私は彼を知っている」という意味ですが、これはその場でやめられないですよね。

    彼のことを今この場で忘れなさいと言われても、記憶はそんな風に操れません。

    ということは“know”は状態動詞で、進行形にはできないということになります。

     “I love her.”は「僕は彼女を愛している」という意味ですが、彼女を愛する気持ちはそう簡単に止められません。

    つまり、これも状態動詞なので進行形にはできません。

    “She has blue eyes.”は「彼女は青い目をしている」と訳しますが、これもその場でやめるなんて絶対にできないので状態動詞

    進行形にしたりしません。

     

    これは裏ワザではなく、動作動詞と状態動詞の本質をただ解説しただけです。

    本質を知っていればこんなにもシンプルになります。

     

     

    最後にもう一度、進行形のニュアンスの話に戻ってみましょう。

    進行形とは“~している”ではなく、“~している最中”というニュアンスだと最初にお伝えしました。

    なぜ“~している”ではダメなのか?

    それは“know”「知っている」、“love”「愛している」、“have”「持っている」のように、進行形にできない状態動詞でも「~している」と訳せてしまうからです。

     

    これでは進行形を理解しているとは言えないですもんね(^-^;

     

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    11241
    神田 新日本橋 大手町
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ学習法 2018年12月14日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    ボクが最も英語学習の妨げになると思っているものがあります。

    それが「完璧主義」です。

     

    もちろん完璧主義になることは決して悪いことではありません。

    しかしカンペキを求めてしまうと英語はなかなか上達しません…、というより上達した気がしません。

    達成感や上達が感じられないと、自信を持てなくなり、やる気がなくなって、せっかく始めた英語の勉強が続かなくなってしまいます。

     

     

    >>>ある程度のテキトーさも大事

    英文を読んでいるとき、分からない単語が出てきただけで弱気になる人が少なくありません。

    でも、知らない言葉はあって当然です。

    あなたは、日本語で新聞や小説を読むとき、100%すべての言葉を理解して読んでいますか?

    そんなことができる人はまずほとんどいないでしょう。

    ボクたちは知らない言葉をあまり気にせず日本語を読んでいます。

     

    このことをなぜか英語学習のときには忘れてしまいがちです。

    知らない単語が出てきたって、そこまで気にする必要はありません。

     

    もちろん、語彙力を鍛えることはとても大切ですし、そこを避けて英語の上達はありませんが、必要以上に分からない単語に囚われてはいけません。

     

     

    英会話でも同じです。

    ボクたち日本人は「文法のミスなく英語を話さないとダメだ」などと思ってしまいがちです。

    しかし、そんなに最初からハードルを上げていたらいつまで経っても英語を使えるようになりませんし、そもそもそれは英文法の捉え方を間違っています。

     

    “英文法”は英語という日本語とは全く異なる言語を、最短距離で体系的に理解するためのツールです。

    コミュニケーションで困ることを最小限に食い止めてくれるものなんです。

     

    つまりボクが言いたいのは、英文法はカンペキな英語を話すためのものではなく、自分の言いたいことが相手に伝わらないという事態を防いでくれるものだということ。

    英文法というルールがある程度守られていれば、多少の文法ミスは相手にとっても許容範囲内ですし、おそらく相手もこちらが思っているほど気になっていません。

     

    ほとんどの日本人は、そういう観点で英文法を捉えていないんじゃないかな~と思います。

     

     

     

    >>>大切なのは成長に目を向けること

    かく言うボクも完璧主義なところがありました。

    初めて留学を経験した高校生のときや、20代の頃なんかは、「英語を話して文法が間違ってたら恥ずかしい…」「自分の発音が通じなかったらどうしよう…」とよく考えていました。

     

    カンペキを求めてしまい、英会話の最初のひと言を発するのに結構時間がかかってしまうこともしばしば…

     

    そんなとき、海外ドラマを見ていて、ふとあることに気づきました。

    それは、ネイティブスピーカーも文法は間違えるし、発音がきれいではない人だっている、ということです。

    海外ドラマや洋画を見ていても、ネイティブの文法間違いは結構あります。

    発音だってみんながクリアなわけではありません。

     

    ボクだって日本語のネイティブスピーカーですが、「すごい楽しい」とか「全然食べれる」とか文法を間違ってしまうこともあります。

    発音だってアナウンサーのようにきれいなわけではありません。

     

    「母国語ですらカンペキじゃないのに、外国語がカンペキじゃなくてもいいんだ」

     

    そう思えたとき、英語学習に対する姿勢が大きく変わりました。

     

    今日、“R”の発音ができるようになった!

    今日は新しい単語を10個覚えた!

    今日は受動態の使い方が分かった!

     

    そういう進歩を感じられることが大切なんだと思います。

    「まだできないこと」より「今日できるようになったこと」を意識できるようになれば、自分の成長を実感できます。

    成長が実感できるから続けられます。

    続くからこそどんどんできるようになっていきます。

     

    英語を学ぶときは、「完璧主義」なんか捨ててしまいましょう!

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    11192
    大手町 日本橋 神田
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法 2018年12月11日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    英文法の単元の中でも文型が苦手だったという人も多いのではないかと思います。

    でも実は、文型はめちゃくちゃ便利です!

     

    なぜなら、文型を使えばV(動詞)の意味が推測できるからです!

     

    知らないVが出てきたときに、文型を使えばVの意味が分かってしまうなんて、もの凄い威力です!

     

     

    早速それを証明していきたいと思います。

     

    ここに5つの英文があります。

    まずはそれぞれ和訳してみてください。

     

    (1) He got to the airport.

    (2) He got angry.

    (3) He got a new car.

    (4) He got her a new car.

    (5) He got the window clean.

     

     

    では、これから文型について解説していきたいと思いますが、その前に今あなたが作った和訳をもう一度考えてみてください。

    ここではあえてすべての英文のS(主語)とV(動詞)を“He got”で統一しています。

    同じ“got”を使っているのに意味は同じになっていないのではないですか?

     

     

     

    >>>第1文型

    第1文型SVのVは「存在・進行(一方向)」の意味になります。

    (1)の“He got to the airport.”は“to the airport”の部分が副詞のカタマリになるので、文の要素はSVだけで構成されています。

    ということは第1文型なので、この“got”は「存在」「進行」の意味です。

    直後に方向を表す前置詞“to”があるので、「進行」で訳せばOKですね。

     

    (1) He got to the airport.

    「彼は空港に進んだ。」

     

    彼が空港に移動したということは、意訳すると「彼は空港に着いた」となります。

     

    She lives in Tokyo.

    「彼女は東京に住んでいる。」→存在

     

    I went to the restaurant.

    「私はそのレストランに行った。」→進行

     

     

     

    >>>第2文型

    第2文型SVCS=Cの関係になります。

    つまりSVCのVは「イコール」の意味です。

    (2)の“He got angry.”の“got”はHe=angryの関係を表すわけです。

     

    (2) He got angry.

    「彼は怒った。」

     

    I am a student.

    → I=a student

    「私は学生だ。」

     

    She looks happy.

    → She=happy

    「彼女は幸せそうだ。」

     

     

     

    >>>第3文型

    残念ながら、この第3文型SVOだけは、Vに特定の意味がありません

    単語力勝負になるので、日ごろから語彙力を鍛えておきましょう。

    ただ実は中学のときにSVOのときの意味を最初に習っていることも多いです。

    この“got”もあなたに最も馴染みのある意味ですよ。

     

    (3) He got a new car.

    「彼は新車を手に入れた。」

     

    中学のときに“get”は「手に入れる」と覚えましたね。

     

     

     

    >>>第4文型

    第4文型SVOOのVは「与える」と訳します。

    Oが2つあるのは、与えるという動作には「与える相手」「与えるモノ」の2つが必要になるからです。

    (4)の“He got her a new car.”では“her”が「与える相手」で、“a new car”が「与えるモノ」となります。

     

    (4) He got her a new car.

    「彼は彼女に新車を与えた。」

     

    “get”は「手に入れる」と中学で習ったのに、ここでは真逆の「与える」の意味になっています。

    文型の知識がないと正確にメッセージを受け取れなくなるということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

     

    My mother gave me a coat.

    「母は私にコートをくれた。」

     

    Music affords us pleasure.

    「音楽が我々に喜びを与えてくれる。」

     

     

     

     

    >>>第5文型

    最後は第5文型SVOCです。

    SVOCには大きく2つの意味があります。

     

    「SがOはCだ(OはCする)と思う(言う)」

    「SによってOはCになる(OはCする)」

     

    特にがSVOCではよく使われるため、SVOCを見たらの意味から考えるクセをつけておくといいでしょう。

    ちなみに(5)の“He got the window clean.”もの意味です。

     

    (5) He got the window clean.

    「彼によって、窓はきれいになった。」

     

    ちょっと不自然な訳ですが、これには理由があります。

    SVOCには“因果関係”があります。

    「Sが原因で、結果OはCになる(OはCする)」という関係なんです。

     

    ということは、「Heが原因で、結果the windowはcleanになった」というのがこの英文の正確なメッセージです。

     

    意訳すると、「彼のおかげで、窓はきれいになった」ですが、基礎を学ぶ段階では因果関係をしっかり意識した直訳が絶対にオススメです。

     

    The news made me happy.

    「その知らせによって、私は幸せになった。」

    →「その知らせを聞いて、私は幸せになった。」

     

    My father told me to study.

    「父によって、私は勉強した。」

    →「父に言われて、私は勉強した。」

     

     

     

    いかがですか?

    同じ“got”というVを使っているにもかかわらず、すべて意味が異なっていましたよね。

     

    そう、Vの意味は文型で決まるんです!

    文型を知ることで英文法の世界がよりカラフルになりますよね。

     

     

    では最後に復習の意味も込めて簡単な確認テストをしてみましょう。

    それぞれの英文を訳してみてください。

    (1) We can’t do without water.

    (2) She granted me permission.

     

    《解答》

    (1)「私たちは水なしでは存在できない。」

    SVなので“do”は「存在」の意味。

    (2)「彼女は私に許可を与えた。」

    SVOOなので“grant”は「与える」の意味。

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    242134
    神田 新日本橋 大手町
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ学習法 2018年12月7日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    英語の勉強を始めたときは、やる気に満ちていますからがんばって問題集を解いたり、発音の練習をしてみたりすると思います。

    でもせっかくやる気になって始めたものの、なかなか続かない・・・

    三日坊主になってしまうこともあったり・・・

     

    勉強が続かない理由としてはいくつかあると思いますが、その中のひとつが「教材選び」でしょう。

     

    ボクは教材に関しては何冊も無駄にしてきました。

    購入したのに全くやらなかった、あるいはちょっと手をつけただけ、というような教材が山ほどあります。

    その教材のほとんどは結局売ってしまったり、知人にあげたりという始末。

    そんな無駄を繰り返し、自分の教材選びに何か問題があるのではないかと少し真剣に考えてみたことがあります。

     

     

    そしてたどり着いた答え!

     

    それが「ハードルを下げる」ということです。

     

    以前にもブログでお話ししましたが、例えば単語帳を選ぶときにはパラパラと中を見て、すでに知っている単語が6割くらいあるものを選びます。

    問題集を選ぶときも、ボクがTOEICのスコア800点台だったときに購入したのは、TOEIC用の教材であれば600~700点突破などのタイトルがついたものです。

    さらにTOEIC用の教材ではなくても、高校英語の基礎を学ぶようなものを買ったりしていました。

     

    とにかく自分を過信するのはやめました。

    すぐダラけてしまうので、毎日少しでも楽しく続けられるものを選ぶようにしたのです。

     

    誰だって英語の勉強をスタートさせたときはやる気満々です。

    そんなやる気があるときに限ってどうしても自分のレベルに合ってないような難しい単語帳や問題集を買ってしまうものです。

    しかし英語力を伸ばしたいと本気で考えるなら、難しい問題を解くことよりも、自分のレベルに合ったものをとにかく毎日継続して勉強することです!

     

    難しい問題を解くからできるようになるのではありません。

    続けるからできるようになるのです。

    毎日続けることが一番大切ですし、何といってもこれが一番大変なんです。

    だからこそ勉強が続く環境を整えることはとても重要です。

     

    「仕事が忙しくて今日は時間がない」「今日は体調が悪いからまた明日」など言い訳はいくらでも出てきますが、言い訳せずにとにかく毎日続けてみてください。

     

    そのためには、ちょっとハードルを下げて、勉強を続けることが少しでも楽になるように工夫してみましょう!

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    9181
    神田 新日本橋 大手町
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法 2018年12月4日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    あなたは英語の“文型”というものを覚えているでしょうか?

     

    そうです、SVOCとかいう、アレです(笑)

     

    今回はこの文型と品詞の関係についてお話ししたいと思います。

     

    文型という言葉を聞くと、なんか難しそうというイメージを持っている人はかなり多いと思いますが、決してそんなことはありません。

    大人であれば十分理解できるレベルの話です。

     

    実際、国語の勉強にも文型が出てきますが、これらの知識を習うのはなんと小学校の低学年です。

    つまり英語だろうが日本語だろうが、文型というのは基礎的知識だということです。

     

    ちなみに日本語の基本文型は3つに分けられます。

    「だれ(何)が どうする。」

    「だれ(何)が どんなだ。」

    「だれ(何)が 何だ。」

    小学校で勉強した覚えがありませんか(^-^)

     

     

    >>>5つの基本文型

    では、英語ではどうなのでしょう?

    英語には第1~5文型までの5つの文型があります。

     

    第1文型 S V

    第2文型 S V C

    第3文型 S V O

    第4文型 S V O O

    第5文型 S V O C

     

    これらの文型はすべて“V”、つまり動詞が中心になっています。

    どんな文型を取るかは動詞によって決まっています。

    まずはこれをしっかり頭に入れておいてください。

     

     

    >>>文の要素とは?

    では次に記号の説明をします。

     

    “S”主語のことです。

    主語の場所に置ける品詞は名詞です。

    “O”目的語のことです。

    目的語の場所に置ける品詞も名詞です。

    “C”補語のことです。

    補語には名詞形容詞が置かれます。

     

    このように文型と品詞には深い関係があるんです。

    これらのS(主語)、V(述語動詞)、O(目的語)、C(補語)のことをまとめて「文の要素」と言います。

     

    余談ですが、文の要素」「品詞」を区別できていない人は結構います。

    社会人の方でも、

    「この単語の品詞は何だと思いますか?」と尋ねると、

    「主語です」と答える方がかなりいらっしゃいます。

    主語は品詞ではありません。

     

    「文の要素」とはS、V、O、Cのこと。

    そして「品詞」とは名詞、形容詞、副詞、前置詞のように“~詞”とつくものです。

     

    つまり、

    「品詞は何ですか」と聞かれたら「形容詞です」などと答え、

    「文の要素は何ですか」と聞かれたら「補語です」などと答えるのが正しいんです。

     

    この機会にきちんと整理しておきましょう。

     

     

    >>>品詞・文型から逃げない!

    品詞が出てくるとイヤだなと感じる人もいると思いますが、品詞も国語であれば小学生の低学年で習っています。

     

    日本語の文型も品詞と深い関係があります。

    ボクが学習塾で教えていた生徒たちも、小学校の高学年になれば、品詞のはたらきによって文型の違いをスラスラ説明していました。

     

    きちんと理解していれば小学生でも自分で説明できることなんです。

    「品詞や文型が難しい」というのは思い込みであり、甘えです。

    品詞と文型の勉強を避けていては、あるレベルで完全に上達はなくなります。

    言語の土台となる部分を理解していないのですから、積み上げられる量には限界があって当然。

     

    逆に品詞や文型を理解することができれば、本当の英語力を身につける土台ができます

    すると英文法の世界が今までと全く違うものになります!

     

    ちなみにTOEICでも品詞や文型に関する問題は頻出です。

    TOEICなどの語学試験で得点するにも品詞や文型は非常に大切なんです。

     

    どうか品詞や文型から逃げずにしっかりとした英語の土台を築き上げてください!

     

     

     

    さらに文型にはまだ隠された本当の力があります。

    また次回以降のブログでお話ししますので、是非楽しみにしていてください!

     

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    331611
    SVOCTOEIC文の要素
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

人気記事