おとなの英語予備校 講師ブログ

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

ブログの最新情報をプッシュ通知にて配信中です。

iPhoneをお使いの方 購読を行うのに専用アプリが必要となりますので、下記よりダウンロードをお願いいたします。
>> ダウンロードはこちらから<<

  • ブログプライベート 2019年2月8日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    ボクは物心ついた頃から週末はよく家族で洋画を見ていました。

    父親も母親もよく洋画を見ていたため、映画と言えば邦画より洋画という感じでした。

     

    ボクが小学生の頃は、金、土、日の夜はテレビで映画が放送されていて、それを家族で見るのが習慣でした。

    放送される映画はほとんど洋画だったのですが、その日放送される映画が邦画だったときは、テンションが下がったものです(笑)

    そのくらいボクは洋画を見ることが楽しみだったんです!

    テレビで見るときは吹き替えで見ていましたが、父親がレンタルビデオ店でビデオを借りてくるときは、字幕で見たりもしていました。

     

    その影響もあってか、幼い頃から“英語はカッコイイもの”というイメージがずっとありましたし、学校の英語がどんなにできなくても英語が嫌いになることはありませんでした。

    おそらく心の奥底に英語に対する憧れのようなものがあったのだと思います。

     

    中学に上がると洋楽を聴く友だちができ、聴く音楽も英語の曲になっていきました。

    邦楽を聴くより、英語の曲を聴いている方がカッコイイと思ってました(笑)

     

     

    洋画や洋楽に触れることで、ボクは西洋、特にアメリカの文化に魅了されている部分がありました。

    高校、大学でアメリカに留学したときも、洋画や洋楽をよく知っていたことでネイティブスピーカーの友だちともいろんな話ができました。

    アメリカの文化に興味がなかったら、ボクの留学はこれほど価値を生まなかったかもしれません。

     

     

    英語を好きになるきっかけのようなものを挙げるとしたら、小さい頃から洋画に触れていたことだと思います。

     

    洋画や洋楽が好きな親のもとで育った子どもは、そうではない家庭で育った子どもに比べて、英語嫌いになる確率が低いそうです。

    学校で英語の学習が始まっても、それほど抵抗なく学べるようになるのだとか…。

    英語に最初に触れるきっかけが“学校の勉強”ではなく、“娯楽”であることがいいのではないでしょうか。

     

    英語嫌いが多くいる中で、英語をずっと好きでいられたのはきっと両親のおかげですね😌

     

     

    ===
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    1716
    文化洋楽洋画
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法 2019年2月5日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    さあ今回は“命令文”について解説します。

     

    命令文とはその名の通り、命令や要求を表す文のことです。

    必ずしも「~しろ」のような強い命令ではなく、口調によって優しくもなり、厳しい言い方にもなります。

     

    命令文の最大の特徴は、動詞の原形で文を始めることです。

    そしてもうひとつ。

    命令文の主語は常に“You”となるため、基本的には省略されるということです。

     

     

    >>>肯定形の命令文

    Clean your room.

    「自分の部屋を掃除しなさい。」

     

    Wash your hands before you eat.

    「食べる前に手を洗いなさい。」

    このように動詞の原形で文を始めます。

     

     

    >>>否定形の命令文

    命令文にdon’tをつけると「禁止」を表すことができます。

    Don’t use the computer.

    「そのコンピューターを使うな。」

     

    Don’t leave me alone.

    「私をひとりにしないで。」

     

     

    >>>要望の命令文

    要望を表す命令文はpleaseと共に使われることがよくあります。

    Please look at the screen.

    「画面をご覧ください。」

     

    Fill out this form, please.

    「この用紙にご記入ください。」

    このようにpleaseは文頭か文末に置かれます。

    もちろん否定形の命令文につけることも可能です。

     

     

    日常会話のさまざまな場面で使われる命令文。

    使い方をしっかり覚えて使いこなしたい表現のひとつですね(#^.^#)

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    1414
    please動詞の原形東京
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログプライベート 2019年2月1日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    今回は英語学習の話から離れて、ルートビアについて話したいと思います。

     

    そもそもルートビア(Root Beer)って何だか分かりますか?

    ビア(beer)というくらいなので飲み物です。

    英語でビールのことをビア(beer)と言いますが、これはビールではありません。

    ではルートビアとは一体何なのかというと、アメリカでは一般的に飲まれているただの炭酸飲料です。

     

    実はボク、これが大好きなんです!

     

    アメリカ留学初日にホームステイ先で飲んだのですが、そのときに「お前は…、まさか…」と衝撃を受けました(笑)

     

    そう、ボクは幼い頃すでにこの味に出会っていたんです。

    長い間飲んでいませんでしたから、その存在すら忘れていましたが…

     

    小学生のとき、おじいちゃんが見たこともない飲み物を箱買いしてきました。

    あまりはっきりは覚えていませんが、パッケージに英語がやたら書いてあって、怪しい飲み物だなと思ったような記憶があります(笑)

     

    初めて口にしたときは、正直変な味だな~と思いました。

    でもそれがクセになるというか、怖いもの見たさで何度も口にしているうちに止まらなくなる感じなんです。

     

    アメリカに留学してその味に再会したボクは、もう手放すまいと見かける度に飲むようになったのですが、日本ではなかなかお目にかかれないのが残念…。

    ボクの周りでルートビアの味が好きだという人はほとんどいないので、あまり日本人受けしないのかもしれません…。

     

    とにかくボクは大好きですし、糖分を気にせず飲めるのであれば毎日飲みたいくらいです!

     

    見かけたら是非飲んでみてください!

    ちなみにボクはハードロックカフェでよく飲みます。

    置いているお店は多くないですが、市販もされています。

     

    お気に召さなくても自己責任でお願いします(笑)

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    614
    ハードロックカフェルートビア東京
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法 2019年1月29日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    今回は実際に英文を見ながら、“仮定法”について勉強していきましょう。

     

    仮定法とは“ありえない”ときに使う表現でしたね。

    そしてその目印となるのが、助動詞の過去形ですよね。

     

    ここでは仮定法過去について見ていくことにしましょう。

    仮定法過去という名前をしていますが、時間的には現在です。

    現在のありえないことを表現するときに使います。

     

    まずは実際に仮定法過去の英文を見てください。

    If I were you, I would take the offer.

    「もし私があなただったら、その申し出を受けるだろう。」

     

    ここには2つのありえないことが起こっています。

     

    まずはI were youの部分。

    私とあなたは別の人間ですから、私があなたであるはずがありません。

     

    そしてもうひとつが、I would take the offerの部分。

    私にオファーが来たわけではないので、受けることなどできません。

     

    この英文ではwereとwould takeという過去形が使われています。

    現実から離れた話(現実とは違う話)をしているからです。

    時間が現在から離れているときに過去形を使いますが、このように現実から離れた話のときにも過去形を使うんです。

     

    ちなみに仮定法ではbe動詞の過去形は主語に関係なくwereを使うのが一般です。

    最近では口語でwasを使うことも増えてきました。

     

    その他の例文も見て、仮定法過去のイメージを捉えましょう。

    If she were free, we would visit her.

    「もし彼女が暇なら、私たちは彼女を訪ねるのだが。」

    現実では彼女は暇ではなく、私たちは彼女を訪れることができないのです。

     

    If I had time, I could watch the movie.

    「もし私に時間があるなら、その映画を観れるのに。」

    現実では私に時間はなく、映画も観れないんです。

     

    If he had enough money, he might buy it.

    「もし彼が十分なお金を持っていたら、それを買うかもしれない。」

    現実では彼は十分なお金を持っていなくて、それを買えません。

     

    これらの英文はすべて今現在のありえない話、つまり現実には起きていないことですね。

    時間的には今のことですが、動詞が過去形になっていることに注目してください。

     

     

    では最後に問題です。

    「もし明日雨が降ったら、私はそこに行かない」を英文にしてみてください。

     

    ・・・・・できましたか?

    よく考えてみてくださいね。

    仮定法は使いませんよ。

    雨が降ることは現実的にありえることですからね。

    If it rains tomorrow, I will not go there.

    となります。

     

    この英作文は今できなくても大丈夫です。

    ただ「もし」を見て仮定法と判断しないでください。

    仮定法を使うのは“ありえない”ときです。

     

    ちょっとイジワルな問題でしたが、この仮定法を使うときの感覚を忘れないでくださいね(^^)/

     

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    14121
    if I were you仮定現実
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ学習法 2019年1月25日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    ボクたちは英語を学習するとき、どうしても「話す」ことに意識がいってしまいがちです。

    でも普段の生活の中で「聴く」能力が必要な場面はたくさんあります。

     

    英語圏に旅行に行くことになり、役に立つ英語のフレーズを覚えたとしましょう。

    “Would you tell me the way to the station?”

    「駅への行き方を教えてくれませんか。」

    などはその代表例でしょう。

    このフレーズを言えたとしても、その後相手が答えてくれた内容を理解できなければ意味がありませんよね。

     

    英語で何かを尋ねられることもあるでしょう。

    レストランでよく聞くのは、

    “Are you ready to order?”

    「ご注文はお決まりですか。」

    というフレーズや、

    “Anything else?”

    「他にご注文はございますか。」

    というフレーズですね。

    きちんと聞けていないと、対応が遅れたり、コミュニケーションに支障をきたすことがあったりするかもしれません。

     

    英語での会議に出席するとしたらどうでしょうか。

    会議ではおそらく話を聞く時間の方が多くなるでしょう。

    話を聞いた上で意見を求められるかもしれません。

     

    サンフランシスコ空港で英語のアナウンスを聞いて理解できれば、乗り換えや移動がスムーズになるでしょう。

    トロントのショッピングモールでアナウンスを聞いてお得な情報を手に入れられたら、割引してもらえることがあるかもしれません。

     

    このようにボクたちの生活には「聴く」場面が溢れています。

    発信するだけでなく、きちんと受信できる、話の聞ける人にならなくてはコミュニケーションは成り立ちません。

     

    是非TOEICなどの資格試験をきっかけにリスニング力を伸ばすことも意識してみてくださいね(^^♪

     

    ==
    仕事やプライベートを充実させながら、苦手な英語の習得・克服をしませんか?
    当教室は最大限の効率、すなわち最短で英語を身につけることを目的とした英会話スクールです。
    ・英会話スクールや英語教材を試したけど上達しなかった方
    ・学生時代から英語が苦手だった
    そんな方こそ当教室を試してください!

    仕事、旅行、人間関係など英語を習得すると世界が拡がります!
    「諦めるのはまだ早い!」
    英語をしゃべれるようになるための土台作りからはじめましょう!
    ビジネス英語レッスンやTOEIC対策も生徒募集中!
    【電話】03-6281-9875
    【住所】〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-3-8 第18SYビル5F
    【アクセス】「神田駅」から徒歩3分、「新日本橋駅」「三越前駅」から徒歩4分、「大手町駅」から徒歩6分、「東京駅」から徒歩7分
          ※教室に一番近い出口からの時間です。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    57
    コミュニケーション英会話フレーズ
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

人気記事