おとなの英語予備校 講師ブログ

〒103-0021【英会話・英語が初めてでも大丈夫】
東京都中央区日本橋本石町4-3-8第18SYビル5F

TEL:03-6281-9875
FAX:03-6281-9895

ブログの最新情報をプッシュ通知にて配信中です。

iPhoneをお使いの方 購読を行うのに専用アプリが必要となりますので、下記よりダウンロードをお願いいたします。
>> ダウンロードはこちらから<<

  • ブログ英文法 2019年7月23日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    今回も前回に引き続き、“分詞”の学習です。

    分詞はVの形をVingVppに変えて、「形容詞」のはたらきをするんでした。

    前回は形容詞のはたらきのひとつ、名詞を修飾する限定用法について学習しましたので、今回はもうひとつの、Cになるはたらき、叙述用法について解説します。

     

     

    >>>Cになる分詞

    She looked surprised.

    「彼女は驚いているように見えた。」

    SheがS、lookedがV、surprisedがCの第2文型です。

    このsurprisedは分詞ですね。

    形容詞と同じくCになるはたらきをしています。

     

    I heard him singing.

    「私は彼が歌っているのを聞いた。」

    IがS、heardがV、himがO、singingがCの第5文型です。

    分詞であるsingingがCの位置にあり、これも形容詞と同じはたらきですね。

     

     

     

    >>>VingかVppの判断

    名詞を修飾する分詞は、その修飾される名詞を基準にしました。

    Cになる分詞の場合、第2文型SVCならSを、第5文型SVOCならOを基準に考えます。

    そのSやOが“する側”ならVing、“される側”ならVppにするんです。

     

    では実際に問題をやってみましょう。

    問:適切な方を選びなさい。

    I saw her (          ) lunch with her friends.

    (A) having

    (B) had

     

     

    文型を考えるとIがS、sawがV、herがOですから、空欄がCということになります。

    第5文型なので、Oのher「彼女」を基準にしますね。

    彼女は“食べる側”ですから、(A) havingが正解です。

    I saw her ( having ) lunch with her friends.

    「私は彼女が友だちと昼食を食べているのを見た。」

     

    それでは、もう一問。

    The game was so much fun. You seemed (          ).

    (A) exciting

    (B) excited

     

    YouがS、seemedがVでCが空欄になっている第2文型です。

    つまりSのYou「あなた」が基準になります。

     

    ちなみにexciteは「わくわくさせる」という意味です。

    あなたがわくわく“させる側”かわくわく“させられた側”かを考えますね。

    直前の文ではThe game was so much fun「その試合はとても楽しかった」と言っていますので、文意からわくわくさせられた側だと理解できます。

    答えは(B) excitedです。

    The game was so much fun. You seemed ( excited ).

    「その試合はとても楽しかった。あなたは興奮しているようだった。」

     

     

    分詞の解説は以上です。

    形容詞のはたらきと共に、分詞の使い方をしっかり覚えておきましょう!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    82

    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法 2019年7月19日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    今回は“分詞”についてです。

    分詞はVの形をVingVppに変えて、「形容詞」のはたらきをします。

     

    まずは形容詞のはたらきを確認しておきましょう。

    形容詞のはたらき

    名詞を修飾する→限定用法

    Cになる→叙述用法     

     

    今回は名詞を修飾する、限定用法について解説します。

     

     

    >>>名詞を修飾する分詞

    I saw a running dog.

    「私は走っている犬を見た。」

    この文にはrunningというVingがあります。

    これは直後のdogという名詞にかかっています。

    このようにVingが名詞を修飾して、まるで形容詞のようなはたらきをしているのが分詞なんです。

     

    The little girl has a broken toy.

    「その小さな女の子は壊れたおもちゃを持っている。」

    この文にはbrokenというVppがあります。

    これも直後のtoyにかかっています。

    Vppが形容詞のようなはたらきをしていますね。

     

     

    名詞を後ろから修飾することもあります。

    I know the man running in the park.

    「私は公園を走っているその男性を知っている。」

    この文ではrunning in the parkという部分が直前のmanを修飾しています。

    このように2語以上で修飾する場合は、名詞を後ろから修飾するんです。

     

    There are some windows broken by students.

    「生徒たちによって壊されたいくつかの窓がある。」

    こちらもbroken by studentsという部分が直前のwindowsを修飾していますね。

     

     

     

    >>>VingかVppを判断するには…

    分詞が形容詞と同じようなはたらきをすることが分かっていただけたと思います。

    今度は分詞の問題を解くための知識を簡単に解説します。

     

    分詞の問題ではVingにするのかVppにするのかを問われる問題がTOEICなどの資格試験でも出題されます。

    これを判断するにはあるものを基準にして考えます。

     

    名詞を修飾する分詞は、その修飾される名詞を基準にします。

    その名詞が“する側”ならVing、“される側”ならVppにするのです。

     

    実際に問題をやってみましょう。

    問:適切な方を選びなさい。

    Look at that (          ) window.

    (A) breaking

    (B) broken           

     

    答えは決まりましたか?

    修飾されている名詞はwindowですから、このwindowを基準にして考えます。

    window「窓」は“壊す側”と“壊される側”のどちらでしょう?

    もちろん“壊される側”ですよね。

    窓が自ら何かを壊しているわけないですもんね。

    だから(B)brokenを入れて、

    Look at that ( broken ) window.

    「あの壊れた窓を見てください。」

    となるんです。

     

    もうひとつやってみましょう。

    問:適切な方を選びなさい。

    The boy (          ) over there is my brother.

    (A) walking

    (B) walked

     

    この文の基準はboyです。

    少年はwalk“する側”ですから、(A)walkingを入れますね。

    The boy ( walking ) over there is my brother.

    「向こうを歩いているその少年は私の弟だ。」

     

    こんな風に考えてあげれば答えは出ます。

     

    次回は形容詞のもうひとつのはたらきであるCになる分詞を解説します。

    今回勉強した内容をしっかり復習しておいてくださいね!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    165
    現在分詞過去分詞限定用法
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法 2019年7月13日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    みなさんは、英語という言語がたった4つの品詞だけで構成されているということを知っていますか?

    「そんなわけない」と思うかもしれませんが、事実です。

     

    英語というのは「動詞」「名詞」「形容詞」「副詞」の合計4つの品詞で成り立っているんです。

    今回は英文法の単元をそれぞれ4つの品詞に分類してみたいと思います。

    文法用語がいろいろ出てきますが、さらっと確認する程度に見てください。

    とにかくここでは「英語にはたった4つの品詞しかない」ということだけインプットしてもらえれば大丈夫です。

     

     

    >>>文の中心は動詞

    まず英語では「動詞」が文の中心となります。

    この点が日本語とすでに違います。

    日本語は「動詞」のない文も存在しますが、英語では必ず「動詞」が必要なんです。

    どんな英文にも「動詞」は必ずあります。

     

    〇動詞関連の単元

    ・be動詞と一般動詞                                                                                    

    ・時制                                                        

    ・進行形                                                                 

    ・完了形

    ・受動態

    ・助動詞

    ・仮定法

     

     

     

    >>>名詞

    次は主に文の要素として使われる「名詞」についてです。

     

    〇名詞になるもの

    ・不定詞・名詞的用法

    ・動名詞

    ・接続詞(that, if, whether)

    ・関係代名詞what

    ・複合関係代名詞(whoever, whomever, whichever, whatever)

    ・疑問詞

     

     

    >>>形容詞

    続いて、文の要素としての補語(C)として使われたり、名詞を修飾する修飾語としても使われたりする「形容詞」です。

     

    〇形容詞になるもの

    ・不定詞・形容詞的用法

    ・分詞

    ・前置詞+名詞

    ・関係代名詞

    ・関係副詞

    ・比較

     

     

    >>>副詞

    最後は、修飾語として英文を鮮やかに色づけしてくれる「副詞」を見てみましょう。

     

    〇副詞になるもの

    ・不定詞・副詞的用法

    ・分詞構文

    ・前置詞+名詞

    ・接続詞

    ・複合関係詞

    ・比較

     

     

     

     

    いかがですか?

    これまで学校で教わってきた英文法の単元はどれも4つのどれかに分類できましたよね。

    4つの品詞のバリエーションを学ぶのが英文法という言い方もできるかもしれません。

     

     

    この事実から分かるのは、「動詞」「名詞」「形容詞」「副詞」のはたらきを知らずに英語を習得することはできないということです。

    逆に品詞のはたらきを知ることが、英語を習得するスピードを上げてくれるのです。

     

    品詞の大切さが少しでも伝われば幸いです!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    217
    おすすめ勉強法英会話英語
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ英文法 2019年7月5日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    今回は準動詞のひとつ、“動名詞”について解説します。

    動名詞はVの形がVingに変わって、「名詞」のはたらきをします。

    動詞が名詞のはたらきになるから“動名詞”

    非常に分かりやすい文法用語のひとつです。

     

    では早速動名詞の解説…といきたいところですが、まずは名詞のはたらきの確認からです。

    名詞のはたらき

    Sになる

    Cになる

    Oになる

    前置詞のOになる

     

    名詞は文のSやCやOになったり、前置詞のOになるんでした。

    ほとんど不定詞の名詞的用法と同じはたらきです。

    だから、同じように使われることも多くあります。

    でも不定詞の名詞的用法に前置詞のOになるはたらきはありません。

     

     

     

    >>>動名詞

    Studying English is important.

    不定詞同様、動名詞を考えるときもまず文型から考えてください。

    Studying EnglishがS、isがV、importantがCです。

     

    動名詞“Studying English”はSの位置に置かれています。

    ということは、名詞のはたらきをしています。

    Vingが名詞のはたらきをしていたら動名詞です。

     

    動名詞は基本的に「~すること」と訳せば大丈夫なので、「英語を勉強することは大切だ」となります。

     

     

    My hobby is collecting stamps.

    My hobbyがS、isがV、collecting stampsがCです。

     

    動名詞“collecting stamps”はCの位置にあります。

    Cになるのは名詞ですから、このVingも名詞のはたらきをしています。

    訳すと「私の趣味は切手を集めることだ」となります。

     

     

    He likes taking pictures.

    HeがS、likesがV、taking picturesがOです。

    動名詞“taking pictures”がOの位置にあるので、これも名詞のはたらきをしています。

    「彼は写真を撮ることが好きだ」と訳します。

     

     

    My sister is interested in watching the movie.

    この英文では、動名詞“watching the movie”が前置詞inのOになっていますね。

    「私の妹はその映画を観ることに興味がある」と訳します。

     

     

    Vingが名詞が置かれる場所にあったら、それは“動名詞”です。

    動名詞は名詞と同じような使い方をするということを覚えておいてくださいね!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    2432

    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
  • ブログ学習法 2019年6月28日

    こんにちは!

    おとなの英語予備校、代表の谷口翔太です。

     

    英単語を覚えるときは“なるべく短い期間になるべく多く回数をこなす”ことが大切です。

    うろ覚えで構いませんので、1週間に700~1000個くらいの単語を覚える習慣をつけてください。

    それを6~8週間繰り返すと英単語をものすごい勢いで覚えていくことができます!

     

    ただし、人間ですから相性が良くない単語も中には出てくるはずです。

    「何度見ても覚えられない…」

    「覚えたはずなのにすぐ忘れてしまう…」

     

    単語帳を使っても覚えられない相性の悪い単語を覚えるには、その単語を常に持ち歩くようにするといいでしょう。

     

     

    >>>情報カード暗記法

    情報カードとは文房具店や雑貨店で市販されている、通常の暗記カードより大きめのカードです。

    専用のケースもあり、持ち運びも可能です。

     

    情報カードの表には、覚えたい単語を含む例文を1つか2つ書きます。

    その単語をマーカーなどで目立つようにしておきます。

    単語単体ではなく、例文の中で覚えた方が効率よく覚えることができますし、文の中で関連づけて頭に入れた方が忘れにくくなります。

    なるべく例文は音読するようにしてください。

     

     

    情報カードの裏には単語の意味などを書きます。

    お好みで発音記号や品詞、または派生語などを記入しておくのも良いでしょう。

    ただし欲張りすぎないこと!

    目的は単語を覚えることで、きれいなカードを作ることではありません!

     

     

    このようにしてどうしても覚えられない単語は情報カードにして、ケースに入れて持ち運び、時間があるときには常に目を通すようにすると覚えられるようになります。

     

    注意してほしいことは、最初にカードを作り過ぎないようにすること。

    カードを作るのは作業であって、勉強ではありません。

    本来どうしても覚えられない単語をカードにして覚えることが目的ですから、単語帳の最初から最後までをカードにする必要はないですし、作ることで満足しないようにしましょう。

     

    情報カードを使った暗記法、是非お試しください!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
    4252
    情報カード暗記英単語
    レッスンについてのご相談は随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

人気記事